「盛り土問題」は他人事ではない Part2

権力者が何の気なしに言った言葉が部下には重要な指示と受け取られて、とんでもなく重大なもしくは滑稽な事態を引き起こすことが往々にしてある。もしかすると豊洲の「盛り土問題」はそのパターンだったのかも知れない。


以前、“「盛り土問題」は他人事ではない”と題したコラム記事にて、マスコミと都議会が論点のズレと優先度の取り違えに明け暮れる状況に対し、企業社会でも珍しいものではないと指摘したことがある。http://www.insightnow.jp/article/9437

しかし小池都知事がその後、矛先をオリンピック会場問題、そして都議選へと変遷させるにつれ、今や「誰が決めたのか?」という犯人探しはすっかり下火になった様相だ。しかし最近、知人がこの騒動の経緯を整理してくれた解説によると、どうやら発端は石原元知事だとのことだ。

関係者の話によると、都幹部との昼食会で石原知事(当時)が「盛り土より安く済む方法をある専門家から聞いたのだが、コンクリートの箱を重ねて埋め込むやり方のほうが工期も短く済むらしいぞ」などと発言したらしい(もちろん、具体的な表現は違うかも知れない)。それを受けて部下の都幹部の人たちがその方式に変更するようにしたのだが、何せ正式な会議で決めたわけではないから、どこの議事録にも意思決定の経緯が載っていない。

「誰がどういうプロセスで決めたのか」と問われても、正直に答えれば「そんないい加減な決め方で決めていいと思ってるの?」と突っ込まれるのが明らかなので、誰も答えようがなかったのだとのことだった。

その知人も当事者じゃなく伝聞なので、どこまで真実かは藪の中だが、いかにも有りそうな話だ。そして企業経営の場でもこうした事態は実は日常茶飯事なのだ。

経営トップが軽い気持ちで「こうしてみたら?」とサジェスチョン(推奨)したつもりの発言が、直属の役員・部下たちにとっては「天の声」として聞こえ、その意を汲んで関係者全員が先回りして万端抜かりなく整える、という状況である。経営トップ自身としては決定・指示したつもりは全くないにもかかわらず、だ。

例えば、CEOが軽いジョークのつもりで「明日のゴルフの前にゴルフ場近くの店を現場視察するかな?」と発言したがために、該当する店が休日の早朝にスタッフ全員呼び出されて直前まで大掃除させられた(でも結局、経営トップは来なかった)という例もある。禁煙家の社長が「ウチの煙草好きの連中は本当に仕事をしているのか?」と言ったために、彼らをさらし者にするような喫煙ハウスが社屋隣に建設された例もある。

経営トップが独裁的か高圧的で、そのせいで「腰巾着」的取り巻きが本質的なことを考えない連中ばかりであればあるほど、こうした滑稽な事態が繰り返される。

心ある部下は既に遠ざけられているため、「そんなアホなことは止めてください」と直言する声は聞こえず、経営トップは自らの指示の結果とすら気づかずに、その結末だけを見て、改めて「またウチの連中は無駄なことをやっておるわい。どうしてワシの気苦労を分かってくれんのか」と嘆くのだ。したがってその経営トップが引退するまでこうした悲喜劇は繰り返される。

ちなみに冒頭の石原元知事の話に戻るが、盛り土をしない決定の経緯はどうだったのかを問われて「何も知らない、僕は騙されていた」などと発言していることで、氏は知らぬ振りをしたとか責任逃れなどと非難されていた。しかし我が母校の大先輩の唯我独尊の性格からして責任逃れをすることは考えにくい。もし本当に自分が決定したという認識と記憶があれば、どんなに非難されようと「俺が指示したんだ。それが悪いか?」と開き直るはずだ。

現実には、そもそも自分が実質的に決定し指示したという認識が元々ないか(この可能性が一番高い)、(残念ながら既に耄碌されているとしたら)実際の経緯を忘れて被害者意識のみ強くなってしまっているかのどちらかだろう。

もう一つの「ちなみに」だが、「盛り土」の代わりにコンクリート壁の空間を作るというのはむしろ合理的なやり方であったという指摘を幾つか目にした。よくなかったのは、公明性大な意思決定がなされなかった上に、その経緯を正直に言えないがために誤魔化していることではないかと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

創業直前の人たちと過ごした半日を終えて

本日は恒例の浦安市の創業支援セミナー(商工会議所主催)での講義(マーケティング/戦略)だった。半日を費やすのに報酬はボランティアといってよいレベルだが、創業直前の人たちを相手に議論できるので、普段と違う目線を持てるというメリットのために続けている。

今回はいつもより人数が多く、そのためワークショップのグループ数が多かった。それだけ景気が巡行速度に入っており悪くないため起業する人が若干増えているのだろう。良い傾向だ。ただ、ワークショップでの出来具合は毎年とほぼ変わらない。そもそものターゲット顧客層やそのニーズが曖昧なまま起業しようとする人が相変わらず多いため、何が顧客価値になり何が差別化点になるのかがあやふやなチームが多い。

やはり日常から戦略的に考えていないと難しいのだろう。小生が昔起業した際や、ネットエイジなどでの仲間、もしくはベンチャー事業を幾つか起こさせたケースではきりきり頭を絞っていたが、一般の起業者は少し緩いのかも知れない。それでも最終的に起業という踏切を超える勇気があるのならやはり彼らを讃えたい。日本にはそのエネルギーが絶対的に足らないのだから。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

人工知能ベンチャーは何を目指すのか

年末年始に撮り貯めた番組を少しずつ観ている(一部は観ないまま消しているが)と、新しい年を展望したものの中には、改めて気づきをもたらしてくれるものがある。

そんな一つが12月25日に放映されたNHKの「サキどりさん」という番組で、「新ビジネスのサキどりさん それからスペシャル」だった。新ビジネスに挑んだ若者の紹介だ。

その一つは以前から注目している「人工知能ビジネス」で大企業から頼りにされるベンチャー企業、プリファードネットワークス。その創業者の二人、社長と副社長。2人は東京大学1年時に出会い、大学院に進学してから会社を設立。トヨタとも提携した。

追跡取材は前回から9か月後に行われた。東京・大手町にオフィスを移し、社員数も約30名から60名近くと倍増している。

同社は人工知能で産業用ロボットの分野に挑戦。ドイツのライプチヒで行われた「アマゾン・ピッキング・チャレンジ」に出場、ロボットでかごからものを取り出す技術を競った。かごの中に置かれた物体をアームでつかんで移すなど、人工知能を搭載して学習させることで複雑な操作を自動化できることで注目された。結果は16チームの中で競技別の世界最高得点を獲得、上位入賞。

次はさらなる新分野・医療に挑戦中だという。国立がん研究センターでの会見では、人工知能を活用したがん医療での協力が発表された。他に産業技術総合研究所とも連携して開発を目指す。東京大学での研究では、治療方法の判断や薬づくりなどの分野に人工知能を活用。5年後をめどに実用化を目指すという。

2人の今後の展望では、人工知能を活用して世の中の未解決問題に挑戦したい、人の生活を変えるような成果を作りたいとことだ。決して夢ではなく、手の届く未来だ。そして多分、医療はその一部だ。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

真珠湾で慰霊した安倍首相の所感を読んで

安倍晋三首相がアメリカのオバマ大統領と共に真珠湾を訪問して真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊した際の所感を改めて読んだが、非常に見事な文章だった。感傷的に過ぎず、もちろんビジネスライクな印象もなく、抑制されながらも心ある人々の情感に訴える、感銘をもたらす名文ともいえるものだった。英訳文もよかった。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/27/abe-obama-at-pearl-harbor_n_13862352.html

未来志向で、敗戦国・日本に米国が示した「寛容の心」への感謝を語り、最悪の敵だった両国が育んだ「和解の力」を世界に訴えるものとなった。訪問前にはオバマ氏の広島訪問時と同様に「謝罪の言葉の有無」が取り沙汰されていたが、もっとずっと高いレベルを見据え、両国が信頼し合える同盟国になったこと、日本が誰よりも平和を希求する国となったことを世界に宣言する意義深いものとなった。

以前は小泉内閣時の官房長官時代の言質や、第一次安倍内閣時の不甲斐なさなどから、今一つ信頼が置けない懸念があった安倍首相だが、オバマやプーチン、習近平や朴槿恵などと対峙する最近の様子からは自信も安定感も感じられる。そしてこの所感文にも当然、本人の筆が入っているに違いない。評価を見直さねばなるまい。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロと若者の真剣なセッションは観もの

年末近くになって風邪をひいてしまい、そのせいで溜まった仕事を細切れに片づけながらなので、どんどん録画が溜まってしまう。とはいえその合間を縫って面白そうな番組を観ている。幸いにして年末のバラエティ番組には興味がないので極端には増えてはいないが…。

そんな中、11月28日に放送されたNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」のスペシャル版「10代 VS.プロフェッショナル 弟子入りスペシャル」の回は特に楽しかった。3組の高校生グループがそれぞれ違った大家に短期間「弟子入り」的に見習いする趣向だ。
http://www.nhk.or.jp/professional/2016/1128/index.html

一人目のプロは当代屈指と言われる天ぷら職人・早乙女哲哉氏(70)。料理人志望の佐藤花菜子(18)と、灘高生の中野誠大(18)の両名が、1か月弟子になる話だ。初日、早乙女氏が2人に働く際の心構えを伝えた際の「修業は、魚をさばくとかそういう技術を覚えに来るんじゃなくて、我慢を覚えに来るもの」という言葉は重いものがあった(実は最近のカンブリア宮殿で菊の井の主人が「単に我慢させる修行は意味がない」と仰っていたのも納得できたので複雑だが)。

若い2人がどれほど真剣に受け止めたかは分からない。しかし天ぷらを2階に運ぶ仕事をひたすら繰り返す1日に中野君は早くも心が折れかけたようだが、思い直して接客など自分ができることで工夫をしていた。そして「安易に料理人も興味あるなんて言えない」と自分の頭脳を活かす方向に生きる覚悟を決めたようだ。そしてふだんから料理店でアルバイトをしている花菜子君には、早乙女氏はまかないで食べるキスの天ぷらを作らせる。当然ながら失敗した後、懸命に練習して修業最終日に早乙女氏に、自分の天ぷらを振る舞おうとする。結局、緊張しすぎたのか途中で失敗し断念してしまうのだが(これが残念だが)、若い人の挑戦心は心躍るものがある。

2人目のプロは、“世界一清潔な空港”羽田の清掃員・新津春子氏(46)。彼女の元に弟子入りしたのが、上村さや香(17)、砂川桜子(17)、瀧堅介(18)の3人。しかし掃除洗濯自炊を自分たちの手でやったことがない3人は洗濯機の使い方すら分からず、なんと翌日には全員寝坊し1時間遅刻するなど、まったく不甲斐なかった。しかも女の子の一人は2度目の寝坊&遅刻までしてしまう。共同生活なのに他の2人も置いてきぼりするなんて、とにかくこの3人は気合が入っておらず、ひどかった。

最後のプロが、ヒットメーカー編集者・佐渡島庸平氏(37)。弟子入りしたのはクリエーター志望の10代4人。それぞれ作品を作り、良いものが生まれればデビューさせることになっていたが、初日に4人の作品を見た佐渡島氏は「今の作品だとプロにはほど遠い。君らは準備ができていない」と叱った。そして弟子たちに、毎日作品を作ってSNSで発表することを課した。高校生とはいえ甘やかさないのは正しい。

「プロの作家は決して生まれつきの才能でヒットを生み出しているわけではない。24時間作品のことを考え抜き、自分の感情や考えをさらけだし、絞り出してこそ名作は生まれるのだ」と佐渡島氏は言う。「物語は基本的には型なので教えることが出来る。だけど教えられない“才能”というものがあって、それは“最後までやりぬく”、“こつこつと続けられる”、その努力ができることなんです」と。彼はこのことを教えたかったのだ。

そんな中、広島からマンガ家デビューを目指してやってきた松田悠希君(17)が自分の家族関係を描いたマンガ作品を持ってきた。多感な17才の気持ちをさらけ出した作品に佐渡島氏は「初日に見たマンガより、1万倍おもしろい」と評し、真剣に向き合っていく…。この後の彼女の成長、そして他の3人の成長も期待したい。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR