AI時代の職業選びの難しさ

AIによる代替が進むこれからの時代、人手不足だからといって安泰な職業はごく少ない。よほど先を見て選ばないといけないと分かっていても現実的には難しい。いっそ特定の「職業」ではなく、将来求められる能力を開発できるか否かといった側面に視点を置いたほうがよいのかも知れない。


大学生にとっての職業選択と、企業にとっての新規事業の企画・開発はよく似ている。

自分(自社)にとっての得意なことや志向性と、世の中で求められるものが綺麗に合致することは理想。現実には、思い入れが強くとも競争が激しいなどの事情で、妥協・割り切りを余儀なくされながら紆余曲折した挙句、当初思ってもみなかった形に結実することもごく普通だ。

何より悩ましいのが、10年も20年も先の世の中での需要を見通すことなど誰にもできないという当たり前の事実だ。

企業の新規事業開発の場合、想定していた通りに市場が立ち上がらなければ、随時軌道修正して別市場にシフトすることができるし、そうした柔軟性・機動性こそがマネージャーの腕の見せ所だ。実際のところ、新規事業開発で視野に入れるのは(産業により大きな差があるが)最長ケースでも10年、通常なら5年程度に短縮されつつある。

しかし5年程度で転職しようと思って就職する就活生は非常に稀だろう。せめて10年、できれば30年ほどは安泰であってくれと願うのが人情だ。

ところが就活生(およびその親御さんたち)にとっては盤石に思えた就職先が、経営陣の間違いによって大きく傾くといった事態が稀ではなくなってきている(東芝やタカタといった最近の事例を思い出して欲しい)。

企業に就職する場合だけでなく、特定の職業を目指して大学を選ぶ段階から「将来に向けての目利き」が求められることも多いが、なおさら難しいものだ。その分、若者とその親御さんの判断は保守的になりがちだ。しかし従来型の職業観に凝り固まっていると、却ってリスクを背負い込むことになるのがこれからのAI時代の怖さである。

「こうした先を見通せない時代だからこそ国家資格を身につけよ」とはよく言われるセリフだが、弁護士や会計士といったサムライ業の専門職こそが次なるAIによる代替のターゲットだと指摘されている(ただしAIに直接代替されようとしているのは下調べをする若手である)上に、今でも供給過多気味だとさえ言われている。

そしてもっとショッキングなことに、公務員を含むホワイトカラーの仕事の半分はAIによる代替が可能であると言われる。かといってブルーカラーのうち単純労働の要素が強いものはロボットか途上国の労働者に代替され得るし、報酬が低い事情も大して変わらないだろう。

結局、AI時代に求められるのは、AIを使いこなして社会に貢献する「新しい仕事パターン」を確立する人たちである。その半分程度は今ある職業かも知れないが、残り半分は現時点で全く存在しないものかも知れない。

例えばAIを効果的に使って取引先と密接につながることで収入を大幅にアップできる、新しいタイプの農家や漁師かも知れないし、彼らにアイディアと仕組みを提供して最適な市場を次々に展開する新職業の人たち(「〇〇コーディネータ」とでも呼ばれる?)が大勢出てくるのかも知れない。

いずれにせよ、今ある職業を通じて開発された能力をベースに、AIを使いこなす「新しい仕事パターン」を開発することに取り組んだ人たちだけが、いち早くそのポジションに到達できるのだ。

そうしたことを考えると、各地の大学では、旧来型の職業を前提にした授業やゼミばかりではなく、地元の企業や住民を巻き込んで、こうした新しいやり方を率先垂範して試行する動きが今以上に求められるのではないか(実際、すでに幾つかの大学では小規模ながら取り組んでいる)。

たとえゼミや授業でトライした結果が失敗やショボい成果だろうと、そうした経験と意欲がある人たちこそが、企業や地元社会が求める人材である。社会の仕組みが変わっても対応できるだけの能力基盤が育まれているのだから。

そのためには企業側も即効性の研究成果ばかりでなく、人材育成の場としての大学に資金や協業の場を提供してもらいたい。是非、大学関係者と企業関係者はご一考を。

PS ちなみに、今現在もてはやされている職業の一つに、ビッグデータを解析し仮説を生み出す、データ・サイエンティストという人たちがいるが、AIがレベルアップすると代替される第一候補の一つとも云われる。最先端のコンピュータサイエンス絡みの花形職業でありながらこうした事態さえ生じるのが、この分野の怖さだ。もちろんデータ・サイエンティストたちも(多分)それは意識しており、この先数年以内に次のレベルにステップアップすることを目論んでいるに違いない。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

知恵が可能にする「6次産業化」

地方の活性化に絡む仕事が最近幾つか続いているためもあり、小生は1次産業の「6次産業化」というものには強い関心を持っている。知人にもその関係で頑張っている人が何人もいる。そんな折り、テレ東の「カンブリア宮殿」で2人の若き「6次産業化コ-ディネータ」とでもいうべき人が紹介されていた。7月13日放送の『感動があって稼げる!農漁業の若き開拓者たち』だ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/0713/

山口県・萩市で巻き網漁業を営む「萩大島船団丸」(漁師20人)の代表、坪内知佳氏(31)。CAの夢破れて結婚を機に萩に移住、離婚後シングルマザーとしてコンサルタントになり、客に引っ張り込まれてこの事業に入ったという。漁業は未経験という異業種の参入者。しかし持ち前の行動力で全国でも珍しい漁師の直販ビジネスに成功(対料理店、対消費者とも)。“水産維新”を掲げて売り上げを大きく伸ばしていることが紹介されていた。

神奈川県・藤沢市の養豚業、宮治勇輔氏(39)は、慶應義塾大学卒業後、父の家業を受け継いだ。当初は “名もなき農家”だったが、父親が作る美味しい豚肉をブランディングした「みやじ豚」をスタート。常識破りの手法で直販を実現し、今やスーパーでも指名買いされ、年商を7倍にまで引き上げたという。

両者とも新しい発想を携えて、従来方式に固執する周りを巻き込みながら変えていったこと、そして漁協や農協といった既存流通側と単純に敵対するのではなく、うまく共存共栄を図っている。それもさることながらやはり直販により大きく収益とも伸ばしていることがすごい。工夫次第で6次産業化が可能なことを教えてくれる。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

高度な自治を守るため奔走する“民主の女神”たちに力を

中国の横暴・強引なやり方に飲み込まれる懸念が強くなっていた香港には、以前から強い同情と関心を持っていた。そんな折、未来世紀ジパングでタイムリーな放送があった。『香港返還から20年"民主の女神"が再び対決...中国の巨大権力!』がそれだ。

今回は特に「雨傘運動」のリーダーだった"民主の女神"こと、周庭(アグネス・チョウ)さんが表立って採り上げられていた。)大の日本好きで20歳の若さでありながら、しっかりとした考えを述べてくれた。さすが民衆が推すリーダーだ。中国が約束しながら二枚舌で逃げようとしている「一国二制度」の高度な自治が守られることを願って止まない。
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20170626/

今回は香港で済む所を追い立てられる「住宅難民」や、1997年の返還を前にカナダに逃げ出した人たちの苦闘なども追ってくれた。以前、米国に逃れた人たちが天安門事件の事実を残そうと語り出したというドキュメンタリーも観たが、やはり自由があってこそ人間の創造力やバイタリティは輝くはずだと思う。

膨大な人たちの生活を破壊しながら好き勝手に勢力を拡大しようとする中国政府にはほとほと嫌悪感を催すが、「東洋の真珠」(中国には「豚に真珠」だが)と呼ばれる香港の良さを消してしまうことがないよう、僅かながらも冷静さを残しておいてもらいたいものだ。そして日本のメディアや政府も目を離さないようにしてもらいたい。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ダボハゼ型の「機会主義」はリソースの無駄使い

オーナーがつい飛びついてしまった新規事業が貴重なリソースを食い潰して赤字を垂れ流す。世間には少なくない話だ。しかし不調な本業を中途半端に見放して青い鳥を探すというのがその動機の場合、事は重大で本末顚倒に過ぎる。


「新規事業を考えているのだけど…」という相談希望に応じて訪ねていき、すぐにコンサル契約をすることは滅多にない。経営者や事業責任者に背景事情をあれこれと尋ねた上で、どうしたいのかを併せて確認する。実際のところ、何割かのケースでは結局、「これは考え直したほうがいいですよ」と中止することを薦めることになる。

中小企業での典型例は、オーナーが知人からの儲け話、または記事やセミナーなどで「これが世のトレンド!」「間違いなく儲かる」といった情報につい乗ってしまった場合だ(大企業の場合には全く違うプロセスを経て新規事業が検討されるが、それでも調査の結果、「止めときましょう」となることが時折ある)。

大抵は、本業はそこそこ儲かってはいるが少しずつ競合が激しくなり利益が出にくくなっている事情があり、何とか他の事業での柱を確立したいという焦りが経営者に強くある。そのため隣の芝生が青く見えるのだ。

そういう中小企業オーナーや起業家の場合、同じような事情で手を出したまま開花していない新規事業が他にも2つ3つあったりする。これを小生は「ダボハゼ型経営」とか、あるいはもっと上品に「機会主義」と呼んでいる。当然、キャッシュフローと赤字を垂れ流しているし、人材や資金、経営者の時間という貴重なリソースの無駄使いだ。

中には、新規事業に人をアサインしたが、本格投資にはあまりに巨額の投資が必要と分かり、調査ステータスのままずっと継続している例さえ目にしたこともある(もちろん小生は調査打ち切りと、そこに携わっていた人材を本業立て直しに投入することを強く薦めた)。

不思議なことにニッポンの中小企業経営者には、本業がレッドオーシャン化しても全く対処しない人たちと、レッドオーシャン化したことに大慌てして他の場所を探すことに大わらわになる人たちが少なくないようだ。

レッドオーシャン化したはずの本業にも、よく考えてみると様々な切り口で(例えばセグメントを切り直す、隣接市場に展開する、新カテゴリーを創造する、競合や関連事業者と戦略提携する、等々)競争力アップの可能性はあるし、本業を再定義して立て直す(ビジネスモデルを変える等)手もあり得る。

今まで長い間成り立っていた事業であれば、顧客ニーズがあって市場が成立しているということだ。これがどんなに素敵なことか、日々新規事業に取り組む我々には身に沁みている。知識もスキルもノウハウも不足する新規事業より、ましてや世の中にまだ確立していない純粋な新規事業より、本業の立て直しのほうがよほど成功の確率は高いはずだ。

したがってまずは本業を立て直すことに全力を注ぐべきだというのが、新規事業コンサルを主に手掛ける立場ながら小生の見解だ(昔の著書『フォーカス喪失の罠』でもしつこく指摘していた)。

本業はそれなりにしっかりとしているが、そこで得た技術や知見、ネットワークを生かして別の切り口で新事業を生み出したいという前向きな話なら、ご相談はいつでも歓迎だ。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

ゲスト・スピーカーの人柄に触れた教育懇談会

今日は娘の大学の教育懇談会という一種の父兄会(授業を観る訳ではないので参観日ではない)。そこでのゲスト・スピーカー、日本ホテル(株)常務取締役で東京ステーションホテル総支配人の藤崎斉氏の話を興味深く聞いた。

氏は小生と同じ年に大学卒業。いわゆる就活に失敗したという。久々に「若干名募集」としたFM東京を志望し、最終8次(!)面接まで2人が残り(他の内定を蹴った後)、結局落とされた。しかし後日知ったことによると、その年の採用数はゼロだったという。ビジネス人生の最初に企業の気まぐれに引っ掻き回された格好だ。

しかし氏はそこからむしろ光り輝く。リクルート子会社に拾ってもらい、それからホテルマンとして東京ヒルトン、ウェスティン、JALホテルズを渡り歩いて出世し、遂に国家プロジェクトたる東京ステーションホテルの総支配人に就くまでになったのである。いわば「業界の顔」の一人になったわけである。

氏の主張はしたがって、「人生はマラソンではない」「人生の価値は一つじゃない」「先の見えない現代、大切なことは『変化に対応できる人材』になること」「そのためにDiversityの環境に身を置き、人間としての教養を高めよ」ということだったと思う。リクルート出身らしく映像を多用して楽しいプレゼンだった。特にCommunication robot のJiboが可愛かった。
http://www.homecrux.com/2015/12/12/39513/jibo-worlds-first-family-robot-looks-after-you-and-your-family.html

氏の講演の最後は、まだ就職が決まっていない学生や、うまくいかない学生への同情と共感が詰まっていた。成功者でありながら驕慢さはつゆほどもなく、自身の蹉跌を思い起こしてごく自然に他社への共感が湧き出る、素晴らしい人柄を感じられた。この大学の良さの典型例なのかも知れない。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

austintex

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR