川崎の中学生殺害事件で責められるべきは誰なのか

(今回はあまりビジネスとは関係ありません。でも最も関心の高いイシューなので・・・)

川崎市の中学生殺害事件で未成年が逮捕されたことを受けて、自民党の稲田朋美政調会長が「少年事件が非常に凶悪化しており、犯罪を予防する観点から、少年法が今の在り方でいいのか課題になる」と述べたとの報道が少し前にありました。少年法対象年齢の引き下げや加害少年の実名報道などを念頭に置いた発言だったようです。この論点提示は2つの側面で議論を呼びました。

一つは、「少年事件が非常に凶悪化している」という事実はないという指摘と批判でした。もっともな指摘で、客観的事実はむしろ反対です。日本全体で犯罪は長期傾向として減少しており、なかでも少年犯罪は(少年の数が減少していることもあり)全体的に減少、凶悪犯罪の割合も長い間低いままです。
(参考)http://kogoroy.tripod.com/hanzai.html
http://kangaeru.s59.xrea.com/

むしろ絶対数の増加に加えて元気な老人が増えた社会傾向を反映して、高齢者犯罪の急増・悪質化のほうが目立つというのが事実です。でも不思議なことに、「高齢者犯罪に対する対策」を主張する政治家はいません。

もう一つは、結論としての「少年犯罪の厳罰化」に対する賛否両論です。昨今のニッポンの世論を反映してか、少年法はこの10数年の間に何度か「厳罰化」の方向で改定されています。2000年には刑事罰対象を「16歳以上」から「14歳以上」に引き下げ、2007年には少年院送致の年齢下限を撤廃しました。昨2014年には有期刑の上限を20年にまで引き上げ、不定期刑の限度を長期は10年から15年へ、短期は5年から10年にそれぞれ引き上げました。

「厳罰化」反対論者はこうした厳罰化をしても少年犯罪は減らないと言い、賛成論者はお蔭で減っていると言い、水掛け論のままです(元々少年の凶悪犯罪数は少ないため、2000年以降の数字が減少しているのか、維持されているのか、主観次第で何とでも読めてしまうのでしょう)。

稲田政調会長が掲げた論点に対し、筋が悪いという指摘はごもっともなのですが、そんなことにこの論客が気づかないはずはありません。むしろ、わざと論点ずらしをしているのではないかと小生は疑っています。

大体、大物政治家が特定のグループ(この場合、罪を犯す可能性の高い不良少年・少女たち)をやり玉に挙げて糾弾するとき、そこには往々にして「目くらましのためのスケープゴート」という要素がかなりあります(我々は商売柄、そうした「政治的意図」を読むことが時折あります)。

それは川崎事件の本質は、貧困という事情により家庭と学校側に備わっているはずの「子どもを防御する」役割が機能しなかったことであり、それは本来政府が果たすべき役割を果たしていなかったことが原因だと非難されたくなかったということです。ここで本来政府が果たすべきと小生が考えるのは、国の宝である子供たちを守るためにシングルマザー/ファーザーの貧困対策に着手することです。

「川崎事件」の背景と経緯を簡単に確認します。母親が離婚し川崎に移住、母親と上村遼太君(13)を含む兄妹の合計6人でアパート住まいでした。中学校に上がった当初は学校にきちんと通っていた上村君ですが、やがて学校をサボり始めます。そして地域の不良少年グループに誘われて仲間に入り、学校からは足が遠のき、その分だけ不良少年グループと過ごす時間が長くなっていったそうです。

最初のうち上村君はグループのリーダー格である18歳の少年Aを慕っていたそうですが、やがて万引きなどを強要されるようになり、それが嫌でグループから距離を取ろうとしたそうです。しかし自宅アパート前から大声で呼び出されたり、少年Aから暴力を受けたりして、嫌々ながら従っていたようです。その心情を学校の友人にこぼしたところ、友人たちが少年Aを詰問し、それに怒った少年Aが上村君を呼び出し、その際に悲劇が起きたというのが事の経緯のようです。

もちろん、これは憶測や伝聞が入り混じっているマスコミ記事のストーリーですので、事実と違っている部分もあろうかとは思います。本当のところはまだ分かっていません。

ただ、関係者の証言で分かっていることは、次の数点です。上村君はグループから抜けたがっていたこと。しかし諸処の事情でそれを果たせないままに終わったこと。不登校の理由を探ろうと学校の担任の先生は母親宛に連日電話をしたが、ほとんど空振りに終わったこと。そのため、家庭の事情を学校では把握することができないままだったこと。そして上村君の母親は、介護パートとスナック勤めを掛け持ちして朝早くから夜遅くまで働いていたことです。忙しい合間を縫って祖父(父親?)の介護もしていたとの情報すらあります。

一時は学校側を責めようとした人たちは、担任ができることを懸命にやっていた事情を知ると、今度は矛先を変えて、「母親が無責任だ」と無理解で無責任かつ無慈悲な批判を書きなぐった某作家に同意していました。しかし生活費を稼ぐことに手一杯で、朝早くから夜遅くまで働いていた母親に何ができたでしょう。そんな母親の苦労振りを知っていた息子は、母親に心配をかけまいと、個人的トラブルを母親にも学校にもほとんど相談しなかった模様です。

クラスメートに人気があったという上村君が学校に行かなくなった理由の一つには、(たとえストレートないじめがなかったとしても)そうした家庭の経済事情から来る居心地の悪さがあったのかも知れません。例えば文房具などの持ち物を十分揃えられない、クラスメートが話す「○○へ遊びに行った」などという自慢話が嫌だ、給食費などを払うことが母親にとって大変だと子供心に感じた等々、色々と考えられます。

そうした事情を考えると、上村君がグループから抜けたがっていながら果たせなかったのも、肩を寄せての一家の暮らしを脅かされかねない事情があったのかも知れません。アパートに押し掛けて大声で呼び出すというのは、弱みに付け込む卑劣な手口といえます。そして「自分さえ我慢すれば」と考えるのは、いじめや暴力に遭っているこの年頃の子供にはよくある思考パターンです。

当然ながら、一番悪いのは上村君を殺害した犯人です。まだ断定すべきではありませんが、その可能性が一番高いのは少年Aおよび当夜一緒にいた少年たちです。他の2人の少年の証言が正しいのなら、少年Aは上村君を自分の支配下に置くために暴力を使い、最後にはリンチがエスカレートして殺してしまったことになります。もしそうなら彼は厳しい裁きを受けるべきです。

しかし、では彼ら不良少年たちだけが悪いのでしょうか。そんな単純な話ではないと思えるのです。上村君が殺害されてから3ケ月近く経ちますが、事件現場には今も献花が絶えません。そこで上村君の冥福を祈る人達が何人もいます。彼らは上村君の親戚でも学校関係者でもなく、生前の上村君を直接知っていたわけでもありません。単に付近の住民だということです。

でも彼らが共通して言っていたのは「不憫で仕方ない。何かしてあげられなかったのかと悔しい」という言葉です。つまり、上村君を救ってあげるようにコミュニティが機能しなかったことに、やり場のない思いを抱いているのです。住民たちのこの優しい気持ちが持続すれば、きっとこの一帯には将来、素晴らしいコミュニティが成立していることでしょう。

でも冷静になって考えてみると、コミュニティにだけ期待するのもおかしいと思えます。そもそも母親が朝から晩まで働いていながら貧困から逃れられない先進国・ニッポンって一体何でしょう。

それこそ、人間らしい暮らしを営む最低限の人権が保証されていないということですから、政府が責任を果たしていないということではないでしょうか。本来すべきは、シングルマザーなど、不当な条件で働く人たちの労働環境を改善するように持っていくことのはずです。それによって経済的に厳しい状況にある親でも子どもを守ることが可能になるのです。今の政府はそうした政策に着手しないどころか、生活保護を削減する方向に社会保障政策の舵を切ったくらい、弱者に厳しいのです。そしてそれを許しているのは私たちなのです。

改めて指摘したいと思います。稲田氏ら与党のセンセイ方がぶち上げた「若者犯罪の厳罰化」は事の本質ではありません。もしスケープゴートを血祭りにあげることで政治の無責任から市民の目をくらまそうという意図であるなら、無駄です。多くの市民はその欺瞞にすぐ気づくことでしょう。

市民の側も、政治家が「悪いのは奴らだ」と糾弾のトーンを上げるときは気をつけたほうがいいのです。矛先を変えたがっているということは、本来の責任を果たしていないことを自覚しながらも、正しい方向に進むつもりもないことを意味するのですから。
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

「尊敬すべき対象」とは一体何だろうか

前回のブログを書いた後に思い出したのが、ある先輩との最近の面談です。その先輩も、「元」ですが経営者の一人です。しかも経歴は実に華麗で、大手IT企業の部門(普通の大手企業全体ほどのサイズがあります)責任者、外資系コンサル会社社長、大手ITインフラ会社社長、と続いて、比較的最近になって引退されました。長年に亘って色々とお付き合いさせていただいており、尊敬もしていたつもりでした。

でもあるとき、ふと気付いたのです。「もしかしたらこの人は、ただの傲慢でラッキーな、典型的な団塊世代の初老の男ではないか」と。

お酒が入っていたせいでしょう、最近の色々な事象について実に他愛のないコメントを続けておられたのですが、どんどん本音が出てきて「暴走老人」の様相を呈してきました。過去の自慢話が続き、すべて自分の考えが正しい、今の若い人たちは意気地がない、といった調子でどんどんエスカレートしていきました。ご自分の主張を話すことは構わないのですが、同席している後輩に一方的に自説を押し付ける様子が続き、後輩も迷惑そうな様子でしたが、小生も少々うんざりしてきました。

やんわりと「人によって見方は色々違いますよ」といったりして、話題を変えようとしているうちに、段々違和感を覚えました。そして「そうか、これは世の中の普通のおっさんと同じだ」と気付いたのです。それでこの方の過去の言い振りがすべてこうしたものだったとも気付いたのです。まるで素敵だと思っていた恋人に対する気持ちが一挙に醒めるような思いでした。

不思議ですが、一旦こうした感覚を覚えると、それまで尊敬の対象だったはずの人物なのに、色々な問題点が気になるようになってしまいました。残念ですが、「素顔を見た」気がしたということなのでしょう。

もし自分が誰かから尊敬されている局面があるとしたら、誤解に基づくものではなく、正しい理解に基づいて尊敬してもらえるようにしたいですし、傲慢でなく互いに尊敬できる関係を続けていきたいと真摯に思いました。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

男は歳を食っても本性はそう変わらない

親類に「経営者」がいます。その会社は一種のインフラサービス業です。非上場なので世間的には決して有名ではないのですが、地元ではそれなりに知られていて、社会インフラとして、また雇用面でも少なからず貢献をしています。業種がら、決して高収益ではないですが、「失われた20年」の間も増収増益を続けてきており、「隠れた優良企業」といってもおかしくありません。

そんな会社の実質的トップ経営者ですから(一応、最大株主、つまり親会社から「天下り」したお飾りの社長はいますが)、親類の中でも名士として扱われています。しかし子どものころからその「外面のよい」性格をこれでもかというほど知っている小生としては、手放しでそのまま受け容れるほどお人よしではあり得ません。どこかに警戒する心証を持っていることは否定できません。

そんな人と久し振りに会って、アルコールも介在させてですが色々と話をしました。話は多岐に亙っていましたが、「実はフループ会社の色んな人たちから直接担当でないことも相談される」と彼はあたかも迷惑そうに話し始めました。話題はグループの1つである公共的サービス会社です。その顧客サービス部門ではないバックオフィス部門の人が髭を生やしていることに対し相談者は快く思っていないようで、「どう思われます?」と尋ねられたということです。いわく「顧客には全く見えないとはいえ、最前線部門であれば髭禁止になっているのだから、全社員同じ扱いにすべきでしょうね」とアドバイスした、とのことでした。

これ結局、ホントの話かどうか、怪しいなと思いました。多分、小生が客商売でありながら髭を生やしていることに批判的なその親戚「経営者」が、説話の形をとって間接的に、小生の髭を批判したのかも知れないと感じました。面倒くさい話ですが、直接的に伝えるとカドが立つと考えたのでしょうね。こういうことは皆無ではありませんし、田舎の人ですから何でも保守的なのです(日本も戦前は成人男性で髭を生やすのはごく普通だったのですが)。

端的には「お節介」に過ぎず、しかも実情を何も分かっていない上での批判(当人は「助言」的な気分でしょうが)なので実に厄介なのです。当人はそれなりに年齢もいっているので、自分の意見は世間の代表的な意見であり、十分客観的だという意識が強いのですね。そこでこちらも、あからさまに否定したり、「余計なお世話」などと拒否したりすることはしません。「へーそうなんだ」とかいいながら話をはぐらかそうとしました。

すると同席していた奥さんが「どうでもいいんと違うの?会社のルールで髭禁止とか規定されとんの?」などと、かなり的確な突っ込みを入れました。その「経営者」はちょっと意外なところから反撃が来たので戸惑ったようですが、「いや、全社員が平等でないといかん。同じ仕事に対し同じ扱いをせんと」と言い出す始末。すかさず奥さん、「同じ仕事じゃないんでしょ?同じ会社だからと全部同じ格好せいってこと?あんたの会社もそうなの?」と厳しい。

段々旗色が悪くなった「経営者」は、何と「お客さんの前に出んといっても、髭なんか生やして格好ええなと思われとるのがおったら、社内でしめしがつかん」と言い出しました。「それって中学生の時にあったけど、みんな坊主って言われているのに一部の特待生が長髪なのはけしからんということ?」と、小生が思わず訊いたら、即座に「そうや」との返事でした。あぁ、何と低次元…。大人になっても、この個人的意見を客観的なものと信じ込んで人に押し付けようとする性格はやっぱり変わらないなぁと、強く感じました。情けない。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

箱根駅伝人気の凄まじさの一端を見た

(この正月から文体を変更しています)

珍しく箱根駅伝の見物に出掛けました。小生は喪中の身分なので初詣にも行けず、買い物などもする気にならず、じゃあ暫く(10数年以上)見ていなかった箱根駅伝でも見ようと思い立ったのです。

自宅からは鶴見中継所が比較的近いので、早起きして電車を乗り継いで出掛けました。現場に近づいた時点でも気づいたのですが、予想到着時刻まで30分以上あるというのに、中継所周辺は既にかなりの人で埋まっていました。

「正月というのに、いや正月だからこそというべきか、皆さん暇だなぁ」というのが(自分を棚に挙げての)正直な感想でした。「はっきり言って、テレビ中継のほうがレース状況も各選手の表情も分かるのに」などと思いながらも、「でもやっぱり臨場感は違うよな」とも思いながら。

その後もどんどん人が増え、他の場所を探しに動くこともままならないほどになりました。ほとんど有名な神社での初詣ですね。

人ごみの中で揉まれながら待っているのに暇だったので、TV画像かインターネット中継のストリーム放送がないものかとスマホで探しましたが、これが全然見つかりません。数年前の箱根駅伝のサイトだったり個人の感想だらけのブログだったりと、見当違いの(屑)ウェブサイトしか検索に引っ掛かりません。グーグルって緊急のときにはあまり役立たないものだと実感しました。

色々やっているうちにラジオしか当てにならないようなので、そのアプリをスマオでダウンロードしました。こんなことでもなければ使わなかったアプリなので、今後も使わず仕舞いになるかも知れません。でもその場の役に立ち、先頭ランナーがどこら辺に差し掛かっているのか、鶴見中継所まであと何十分くらいで到着しそうなのか、逐一アナウンサーが伝えてくれます。ラジオっていざという時に役立つものと再認識しました。

そして肝心の選手たちが中継所にやってきました。え?それが最初の感想です。前に何列かいる人たちの首のすき間から見えたのは、とんでもなく速いスピードで駆け抜けていく選手の人影でした。先頭ランナーが過ぎて暫くして2人目、そのあとは次から次へと選手が来るのですが、あまりに速くて、撮影しようと頭の上にかざしたスマホの撮影スイッチを押すタイミングがよく分かりません。

中継所のほんの少し手前にいたので、きっと選手も疲れている分、よく見えるだろうと勝手に思い込んでいたのですが、とんでもない。全く当てが外れました。さすがアスリート達。実に感心しました。

あとで見た写真画像のほとんどは手ぶれか、選手ではなく沿道のギャラリーが主役のように写っていました。仕方ないので、facebookには中継所のアナウンサー達が映っている場面をアップしておきました(どうもしまらない…)。それにしても正月からスマホは大活躍で、1時間強のことなのに(往きにはフル充電だったのが)帰りには電池切れになっていました。

うーむ、次回からは中継所よりずっと後のほうに陣取り、タスキを渡す場面が写せるようなスポットを確保しないと意味がないことがよく分かりました。I’ve got a lesson.

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

『知の巨人』が贈る青少年への真実の言葉

朝日新聞の天声人語。ほぼ毎日読むが、この日曜のは格別だった。

冒頭に「『知の巨人』と形容させていただくことにする」とある。精神科医で神戸大名誉教授の中井久夫さん(79)についての文である。その凄い業績や文筆家としての活動、「恐るべき」子供だった様子に触れた後、全く筆先を変えて、中井さんが少年少女に向けて書いた異色の読書案内を紹介している。

いわく、教室で輝きすぎるな、一番になんかなるな。児童生徒の間にもやっかみはある。〈あなたは今花咲く必要はない〉。そして一目置く同級生を宝とせよ、と。

何とも適切で、なかなか普通の大人には言えない言葉だ。でも真実である。大人になると忘れてしまうが、無理して人間関係の背伸びをしたがる子供の心理に優しく添っている言葉だ。是非、子供たちに伝えたいものだ。

そしてもう一つ。思春期の男女への最高の読書に関する贈り言葉がある。〈読書は、秘密結社員みたいにこっそりするものだ〉。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

austintex

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR