米空軍による日本の都市への無差別爆撃の真相

組織防衛のための立場上の決定が倫理上やってはいけない一線を越えてしまう、そしてそれを恥とも思わない。こうしたことは企業経営でも往々にして起き、それが世間にバレると当該企業の存在を社会が許さなくなる。

しかしそれが戦争遂行のために国家ぐるみで行われ、しかもその国家が戦勝してしまうと、そうした非人道的な行為は誤魔化され、装飾され、むしろ称賛されてしまう。それが米軍による原爆投下であり、東京をはじめとする大都市への無差別爆撃だ。

それをまざまざと浮彫りにし詳細に語ったのがNHKの「BS1スペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”」だった(この8月に録画していたのをようやく数日に分けて観ることができた)。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2409266/index.html

この番組では、アメリカ軍に視点を置いて、なぜ日本を壊滅的に攻撃するようになったのかが詳細に描かれている。

この番組のお陰で初めて知ったことが幾つかある。

今までよく東京大空襲の責任者として名前が挙がっていたカーチス・ルメイ将軍(ベトナム戦争での同様な無差別爆撃“北爆”の責任者でもある)は実は単なる作戦実行責任者に過ぎず、本当に「B29から焼夷弾を落とし日本の大都市を焼き尽くせ」と直接的に焼夷弾に言及して指揮したのは彼の上司、当時のヘンリー・アーノルド将軍(のち元帥)だったこと。

第二次大戦終了までは空軍は独立組織ではなく、陸軍の下部組織だったということ。「空軍独立」の夢を実現するため「空軍力だけで戦争を終わらせることができる」ことを誇示したいだけのための作戦が本土空襲だったこと。なんとガス攻撃計画すら立てていたということ。

しかもそれまでドイツ(ロンドン大空襲)と日本(重慶大空襲)の市民虐殺行為を声高に非難していた米国政府と空軍は「自分たちなら(軍事施設だけを狙う)精密爆撃ができる」と宣言していたこと。しかしドイツでは対空砲と対抗戦闘機をかわしながらの精密爆撃に失敗したこと。日本ではそれらを避けるために高度1万メートルの上空からの中島飛行機工場への精密爆撃を試みたものの毎回失敗していたこと(主に上空のジェット気流のせい)。ときには残り少ない日本の戦闘機に攻撃されたり、エンジン設計のまずさから度々火災事故を起こしたりしていたこと。

それにしても終盤で放送されていた、陸軍の文民官の「悲惨な焼夷弾攻撃を止めさせるために原爆使用に賛成した」というのは矛盾した話と一瞬感じた。しかしよく聞いてみると、「焼夷弾攻撃を加えたパイロット達が、焼けた肉体のにおいが機体や自らの体に染みつくのを嫌がって、洗うのが大変だった」という話なのだ。そこにはまったく「市民の無差別殺戮は戦争犯罪だ」という罪の意識はない。所詮アジア人を人間視していなかったのではないか。

パールハーバーはあくまで軍事施設への攻撃であり、恥じる必要はないが、都市への焼夷弾による無差別爆撃は完全に市民の皆殺しを主目的に行い、市民の戦争継続意欲を奪うための作戦だと明示されており(空軍創設者のウィリアム・ミッチェル陸軍少将のレポートなど)、弁解の余地はない。戦争というのはもともと狂気の沙汰ではあるが、やってはいけないことを何度も繰り返したのは米軍なのである。
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ハリケーン「ハービー」がもたらすもの

先週の米国でのニュースはハリケーン「ハービー」が圧倒していた。この大型ハリケーンは数日間にわたってメキシコ湾上空に停滞し、2005年のハリケーン「カトリーナ」による降雨量の倍以上(約57兆リットル)の雨を降らせ、ヒューストンを中心とする地域に大洪水をもたらし、停電と通信途絶による混乱と孤立を巻き起こしている。

テキサス州の避難者は3万2000人を超えたと伝えられている。小生は大学院をテキサス大学(オースティン校ですが)で過ごしたので、とても他人事に思えず心配だ。ヒューストン一帯は一大産業地なので、その影響を考えると被害額は「カトリーナ」時を超えることはほぼ確実だ。

皮肉なことに、幹部の更迭や辞職が相次いで混乱のさなかにあったトランプ政権は批判の矛先を逸らすことができそうだし、却ってこの国難により一体感を求める動きの中で立て直しできるかも知れない。ちょうど9.11同時多発テロ事件後のブッシュ(子)政権が支持率を高めたように。でもこんな天災を政治の道具にして欲しくはない。

唯一の救いは、被災者への支援の輪が全米そして世界に広がっていることだ。最近とみに深刻化している米国社会の「分断」傾向が、この支援の輪で押し止められることを望む。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

どん底から復活した町工場、海外進出を狙うまでに

地方にある製造業を元気にしようという某プロジェクトで、今年は既に幾つかの町工場を訪れている。中にはユニークな技術をベースに元気な町工場がまだまだ地方には少なくない。そんな地方の町工場を採り上げたのが、8/8に放映されたガイアの夜明け「"快適"技術で町工場が復活!」だ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20170808.html

最初に紹介されていたのは快眠グッズ「睡眠用たわし」。作っているのは和歌山県の老舗たわしメーカー「高田耕造商店」。創業以来シュロの繊維を使用していることでの「柔らかい触感」が特徴だが、海外製の安価なたわしに押され、経営危機に陥っていたらしい。しかし人気ヘッドスパ専門店に共同開発を持ちかけられて生産開始した「睡眠用たわし」がバカ売れ。ネット直販だけで1万個以上が売れたそうだ。ゆくゆくは海外での販売も視野に入れているそうだ。

その次は累計500万枚以上も売れた大ヒットタオル「エアーかおる」だ。ウチのカミさんでも知っているくらいだから本当に有名なのだろう。メーカーは岐阜県安八町にある「浅野撚糸」。廃業も迫られながらも起死回生の思いで新しい撚糸の開発に取り組み、三重県の老舗タオルメーカーと共同で「エアーかおる」の開発に成功したのだ。今や中国市場への進出に取り組んでいる様子が映されていた。素晴らしい工夫と技術力だ。

最後は潤滑剤スプレーのメーカー「スズキ機工」(千葉県松戸市)。「ベルハンマー」という潤滑剤名は今や全国区らしい(小生は知らなかった。我々の世代だとCRC-55が有名だ)。元々は主に一斗缶の製造だったのを、2代目の現社長になって食品製造機械の製造に転換したが、収益は低迷気味。しかし市販の潤滑剤に物足りなさを感じていた鈴木社長が独自の潤滑剤開発に取り組み、試行錯誤の末、何でもツルツルにするだけでなく、その効果が長続きする“究極の潤滑剤”を遂に生み出し、シリーズ累計20万本を売るヒット商品に育てたのだ。今や会社の売上の半分はこの「ベルハンマー」だという。今や本場・米国進出に取り組んでいるのだから凄い。

いずれの町工場も是非、成功して欲しい。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

東芝はどこに向かおうとしているのか

優良子会社を次々に切り売りする東芝。経営陣は「上場維持のために苦渋の決断だ。背に腹は代えられない」と言い訳をするのだろう。しかし上場維持を最優先することでスカスカの企業グループになってしまって何の意味があるのか、素朴な疑問が湧き上がって仕方ない。


東芝が2011年に買収して子会社化していたLandis-Gyr(ランディス・ギア)をスイス証券取引所に上場させ、60%になる保有株をすべて売却したとの報があった。
http://asia.nikkei.com/Spotlight/Toshiba-in-Turmoil/Toshiba-to-reap-360m-profit-on-Landis-Gyr-IPO

東芝にとっては1617億円の売却額をもたらし、(税金など差し引いても)約400億円もの利益になるそうだ。ひどく財務が痛んでいる東芝にとって大いなる恵みをもたらしてくれた「孝行息子の独立」と見る向きも多いだろう。

しかし小生のブログに前にも書いたが、このスマートメーター会社を買収した狙いは全く果たされていない(小生の友人は経営の自由度も増し、この上場に大いに喜んでいるようだが)。
http://pathfinderscojp.blog.fc2.com/blog-entry-819.html

このタイミングで高値で売り抜けることができたのはたまたまの幸運に過ぎない。この一連の経過を見る限り、東芝という巨大会社の経営能力の低さを世の中に露呈しただけというと酷だろうか。

既に手放した東芝メディカルしかり、ただいま入札騒動中のメモリー事業しかり、そしてこのランディス・ギアしかり。上場廃止を避けるために、必死でぴかぴかの優良子会社を切り売りしている。この結果、東芝に残るのは厄災の種である原子力事業と、経営能力に欠ける経営陣だけということになりかねない。実に不可思議、本末顚倒の動きだ。

目先の体裁のためにこんな中身の薄い企業になってしまって、いったい東芝社員は誇れるのだろうか、経営陣以外の誰がハッピーになるのだろうか。大きな疑問だ。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

高度な自治を守るため奔走する“民主の女神”たちに力を

中国の横暴・強引なやり方に飲み込まれる懸念が強くなっていた香港には、以前から強い同情と関心を持っていた。そんな折、未来世紀ジパングでタイムリーな放送があった。『香港返還から20年"民主の女神"が再び対決...中国の巨大権力!』がそれだ。

今回は特に「雨傘運動」のリーダーだった"民主の女神"こと、周庭(アグネス・チョウ)さんが表立って採り上げられていた。)大の日本好きで20歳の若さでありながら、しっかりとした考えを述べてくれた。さすが民衆が推すリーダーだ。中国が約束しながら二枚舌で逃げようとしている「一国二制度」の高度な自治が守られることを願って止まない。
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20170626/

今回は香港で済む所を追い立てられる「住宅難民」や、1997年の返還を前にカナダに逃げ出した人たちの苦闘なども追ってくれた。以前、米国に逃れた人たちが天安門事件の事実を残そうと語り出したというドキュメンタリーも観たが、やはり自由があってこそ人間の創造力やバイタリティは輝くはずだと思う。

膨大な人たちの生活を破壊しながら好き勝手に勢力を拡大しようとする中国政府にはほとほと嫌悪感を催すが、「東洋の真珠」(中国には「豚に真珠」だが)と呼ばれる香港の良さを消してしまうことがないよう、僅かながらも冷静さを残しておいてもらいたいものだ。そして日本のメディアや政府も目を離さないようにしてもらいたい。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

austintex

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR