詐欺師たちには神も仏もない

相変わらずお年寄りを狙う詐欺事件が後を絶たない。振り込め詐欺の手口もどんどん多様化・悪質化するようだ。いつも思うのだが、こうした詐欺に使う知恵があるのだったら、まともな稼ぎのために使って正々堂々と稼げばいいのに。それだけの頭脳があればきっと大抵のことができるだろうにと思う。

最近のテレビ番組で少々種類の異なる詐欺を扱うケースを観た。「所さんの大変ですよ」というお気に入りのものである。10月13日(木)に放映された「激安ネックレス!? 買っちゃったらその後…」によると、開運ネックレスを880円で買ったら結果として20万円取られていた、さらに言われるまで騙された事に気づいていなかったという。

詳しいプロセスとしては次の通りだ。

雑誌の広告で見たのがきっかけでネックレスを880円で購入。するとネックレス業者から電話がかかってきて効能などが説明される。毎週のように電話で話し心が打ち解けると、業者から祈祷をしたほうがいいと薦められる。女性は業者の言葉を信じ祈祷料20万円払った。すると警察から電話があり騙されていたことがわかったという。つまり犯人は会うこともなく女性ばかりを信じ込ませていたというのだ。

捜査にあたった京都府警察本部によると、今回の事件は開運商法詐欺という犯罪で、ネックレスが顧客を釣るためのエサとなっていた。ネックレスを送付する際「開運できる使い方を電話で伝える」とした注意書きを同封し、購入者と連絡を取り、悩みを聞き出す。ニセの僧侶役を用意し、定期的に連絡を取ることで購入者の警戒を解いていく。さらに相談に乗りながら購入者の懐具合を探り、引き出せる額を値踏みできたところで悩みを和らげるための祈祷を勧める、という段取りだ。

今年2月に逮捕されるまで、詐欺グループは300人以上から約1億6千万円をだまし取っており、被害者の多くは何も知らずに支払っていた。そしてこの被害者は9割が中年女性だという。

今回の事件には、詐欺グループだけでなく本物の寺も関わっていたという。警察の話では、犯人グループは寺にビジネスパートナーの話を持ち出し取り込んだという。関わった寺は、詐欺グループの指示で寺名義の口座を3つ作り、通帳などを渡していたといい、さらに被害者のために祈祷を行い祈祷料の5%を受け取っており、寺自身もだましていた認識はなかったという。

今回の背景として、資金繰りに悩み相談を寄せる寺は珍しくないという。寺離れが進み檀家の数が減少、僧侶を呼ばずに葬式を済ませる人が多いことから寺の収入は減る一方で、6人に1人の住職が教員や公務員などを兼業しているという。

詐欺に関与した寺は書類送検された後、悪質性が低く反省しているため起訴猶予処分となったという。こうした寺の窮地に詐欺グループが付け込んで、甘い話で仲間に引き入れたというのが事の真相のようだ。お坊さんまで詐欺の手段に引き込むというのは、なんともやるせない世の中だ。
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

三菱自の益子社長続投に思う

三菱自動車はさる10月20日、益子修会長兼社長がCEO/社長を続投することを発表した。益子氏は、月内に三菱自が日産から34%の出資を受け入れるのを機に退任する意向をかねてより表明しており、三菱自会長を兼任する日産のカルロス・ゴーン社長からの再三の慰留要請に対しても辞退を繰り返してきたが、それでもあきらめずに慰留を繰り返すゴーン氏に根負けしたようだ。

ゴーン氏ら筆頭株主となる日産幹部としては、軽自動車に関する業務提携および今回の資本提携の交渉の窓口としてずっと付き合ってきた益子氏に対する信頼であり、他の三菱自動車生え抜き幹部に対する不信感の裏返しだろう。

そして、たとえ日産のエース級を社長として落下傘的に派遣しても孤立してしまっては再建がうまく行かなくなると判断したのだろう(かってのゴーン氏ほどの強烈な再建屋がそうそういるわけではない)。ゴーン氏が20日のWBS(テレビ東京)の番組内で語った言葉を借りれば、「あくまで三菱自の社員が自分の問題として捉えて解決しなければいけない。そのための人事なのです」ということだ。

日産側としては合理的な判断というのは分かるが、さて三菱自の社内およびディーラーを含む利害関係者は素直に歓迎するのだろうか。

自らは近いうちに身を引くからと、様々な関係者に耐え忍ぶことを要請してきた経緯がある益子氏(実は三菱商事出身)が、結局はそのままCEOとして再建を主導することになったのだ。大半の社員をはじめ、前回も今回も不正に関与していないのに貧乏くじを引かされた人たちは、割り切れない思いを抱きながら今回の顛末を聞いたに違いない。

心ならずも前言撤回となった益子氏が、これから何度も訪れるであろう厳しい局面において本当にリーダーシップを発揮できるのか。疑問が膨らんできて仕方がない。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

飲食店での現金取り扱いに潜むリスク

北欧および北米で非現金決済へのシフトが急激に進んだ理由は、セキュリティとコスト、そして衛生面だ。特に最後の理由は潔癖症大国・ニッポンでも無視できないものになろう。


あるプロジェクトで調べたところ、スウェーデンでは店での支払方法の9割以上がクレジットカードなど非現金決済だと知って驚いた。ベネルクス3国や北欧全体でも似たような状況で、都会において現金で支払うのは他国から来た観光客ぐらいだという。クレジットカード大国である米国以上の現金離れがこれらの地では近年急速に進んでいるのだ。

北欧および北米で非現金シフトが急激に進んだ理由たるや、店にとってのセキュリティとコスト、そして衛生面からなのだ。

店に現金を大量に置いておくと、強盗に狙われる恐れもあり、従業員がくすねる恐れもあるので、経営者としては安心できない。そして偽造札でないかもチェックしなければいけないので、意外と現金というのは取り扱いコストが高い。さらに飲食店であれば、従業員が硬貨などを扱った手で食べ物を触ったり配膳したりするのを、客が快く思わないというのだ。言われてみると合理的なのである。

ちなみにこれら北欧やベネルクス諸国では、ユーザーにとってクレジット/デビッドカードを使えない店がごく限られており(最近はむしろ「現金取扱なし」が目立つようになってきているという)、銀行が早くから電子決済への移行を進め、店舗にとっての利用コストを引き下げてきた経緯がある。

一方、日本ではどうか。調査主体によって若干の違いはあるが、2015年時点でクレジットカード+デビッドカードで16~18%、Suicaやエディ、そしてIDなどその他の電子決済手段(調べていただくとすぐに分かるが、笑えるほど多種類である)を合わせてもようやく20%程度だという。これでも近年その割合は着実に増加中なのだが、OECD加盟国の中ではイタリアと並んで最低レベルにランクされる。

理由は幾つか挙げられる。安全な日本では消費者の多くは現金を持ち歩くことに大した不安を感じていないし、街角に様々な(コインを使う)自販機が普及している。店舗側としては、クレジットカードの手数料が世界的にも高い水準にあり(後述)、経営的に無視できないコスト負担を強いられる。

しかしながらよく考えてみると少々不思議である。日本人は世界的にみても稀な「潔癖症」民族である。他人の触ったエスカレータの手すりやつり革に摑まるのさえ嫌がる人が少なくないくらいだ。

その日本人の大半が、どこの誰とも知れない他人の触った硬貨を行きずりの店とやり取りし、しかも飲食店の従業員がその現金の受け取りをした素手で配膳したり調理したりするのを平然と受け入れているのだ。これは不思議といえば不思議な状況である。

例えばノロウィルスなど強力な感染力を持つウィルスや細菌の保有者が触った硬貨を受け取った人が、その手で自分の鼻や口を触ったら簡単に感染してしまうだろう。その硬貨に触った従業員が調理または配膳した料理品を食べたお客が食中毒になる可能性は決して低くない。飲食店としては食材の調達・調理の際の殺菌には万全を期しているのに、とんだ抜け穴がぽっかり空いているようなものだ。

飲食店経営者とすると気になるだろうが、現実問題として対処できるのだろうか。レジ対応専門の従業員を置ける店などというのは今どきほとんど無い。取分けする際にはビニール手袋をして、お勘定をする際には素手で、といった区別をしている「中食」店を見たことも何度かあるが、ビニール手袋をいちいちはめたり脱いだりするのが面倒そうなのと、その際に手袋を素手であちこち触っているので無意味だと感じる。

それ以上に有効なのは、やはり現金の取り扱いを極力抑え、カードや電子マネーで支払ってもらう体制に早く持っていくことだろう。実際のところ日本の大都市では、(クレジットカード端末に加えて)電子マネー用決済端末を設置している店舗が世界的に見ても多いと感じる。そしてその利用率は着実に上がっているらしい。つまり機運はあるのである。

非現金決済のさらなる普及度向上に向けての一番の障害が店舗にとってのクレジットカード手数料の高さだろう。大型小売店で3~5%、飲食チェーンで4%~(一般小規模店なら5%~が多い。遊興施設や風俗施設では10数%に跳ね上がるらしい)とされ、国際的に見ても随分高い水準だ。

最近は小型カードリーダーを使うモバイル型カード決済や電子マネー決済が普及し始めて手数料の値下げ圧力が強くなっているとはいえ、まだまだ割高なのは間違いない。主な要因の一つとして、クレジットカード決済時に利用するCAFISというクレジット情報照会サービスの利用料の高さも指摘される。関係者のさらなる努力を期待したい。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

外国人にも分かる案内標識・警告表現が求められている

インバウンド客の受け入れ態勢に関し、最近急速に案内標識や警告表現に関するガイドライン作りが進められるようになった。例えば国土交通省の勧めにしたがって群馬県が作ったのが下記のものである。
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000103155.pdf

交通標識だけでなく、もっと様々な場面を含んだガイドライン例として栃木県が作ったのが下記のものである。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/f04/life/kokusai/tabunka/documents/all.pdf

なるべく表記法を統一することで、同じ都市で同じ施設を指すのに別の表現になっているという問題を回避することを目指しているのだ。数年前から指摘されていた問題にようやく解決の着手が進み始めたということだろう。
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/20091029_TIC_attachement.pdf

フジテレビの「めざましテレビ」で放送していた内容によると、警告表現のつもりなのにPleaseを付けていることで「ダメ!」というニュアンスが無くなってしまい、外国人が警告表現と受け取らずに危ない思いをしたりトラブルを引き起こしたりすることがあるそうだ。「本当かな?」とも思えるが、紛らわしい表現は極力避けるべきなのは間違いない。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

「盛り土問題」は他人事ではない

「犯人探し」に明け暮れるマスコミおよび都議会は、論点のズレと優先度の取り違えに気づかずに「釈迦」の手のひらでしばらく踊り続けるだろうが、企業社会でも同様の迷走が起きることはままある。


東京都の築地市場移転に伴う豊洲の「盛り土問題」は一向に収拾の様相を見せない。都の内部調査では「犯人探し」には至らなかったばかりか、その後も新たな事実の発見や誤魔化し行為の指摘が続出しており、予定通りの移転を求めてきた市場関係者からさえも、都に対しての怒りの声が上がっているそうだ。

最初から「犯人探し」に焦点を当てていたマスコミはもちろん、当初は「なぜ今さら蒸し返すのか」と小池知事に反発していた都議会も、一挙に責任者追求モードに切り替わってしまっている。

しかし優先的に明らかにすべき論点は「誰が決めたのか?」ではなく、「コンクリート空間方式と盛り土方式のいずれが汚染土対策として優れているのか?」(したがって「当該建物の地下はコンクリート空間のままでいいのか、それとも何らかの追加対策をすべきなのか」)であるはずだ(「豊洲に移るべきか、築地で建て替えすべきか」を蒸し返したい向きもあろうが、とりあえず除外する)。

何と言っても、移転当事者である市場関係者(卸、仲買人たち)が安心して豊洲で商売をするための前提条件と、今後の商売に絡む「豊洲市場ブランド」が揺らいでいるのだ。それに築地市場の跡地再開発とそれに連動する都市改造を東京五輪に間に合わせるためにも、もうほとんど時間的余裕はないとのことだ。「犯人探し」は土壌汚染対策が万全となってからじっくりやればよい話だ。

冷静になれば誰でも分かる話のはずだが、興味本位のマスコミが焚き付けることもあり、拳を振り上げた格好になっている都議会とすると、そうなかなか冷静な判断にはならないようだ(小池知事の論点ずらし意図とマスコミ操作の巧さを指摘する声もあるが、ここまで見事な「孫悟空を手のひらで転がす釈迦」振りをみせられると、個人的には政治家としての才能を認めたい)。

こうした論点のズレ、そして優先度の取り違えというのは企業社会でも珍しいものではない。それが意図的に引き起こされる場合もあれば、関係者の大半が真摯に取り組んでいながら生じることもままある。

論点ずらしや優先度の入れ替えが企業でも意図的に引き起こされるというのはあまりに不埒な話だが、例えば組織的な粉飾決算が表面化した際の東芝経営陣を思い起こして欲しい。企業継続性の根幹に関わる「原子力発電事業に本当に将来性があるのか」に焦点が当たらないよう、他の事業体でのリストラ策を矢継ぎ早にマスコミ発表することで世間の目を逸らす意図は明白だった。

しかしこうした悪質とも言える「意図的な」ものよりもある意味厄介で、一般の企業で日常的に生じやすいのは、関係者の大半が真摯に取り組んでいながら生じる、「意図せざる」論点のズレ、そして優先度の取り違えである。

具体的にはどういうものか。例えば経営陣が海外での投資案件を評価する場面を想定して欲しい。一般の事業系企業なら、自社の中長期ビジョンとの整合性を最初に徹底的に確認した上で、当該案件が持つ事業収益性やリスク、その前提たる仮定といった詳細について検証を行うといった段取りで進むべきである。ところが実際の場面では往々にして、どうしても目に付く収益性やリスクの議論が先行しやすいものだ。

経験豊富な企業経営者ですらそうした傾向が拭えないのだから、一般の企業人が慣れない新規事業の検討や既存事業の見直しのプロセスにおいて、論点のズレおよび優先度の取り違えを「意図せずに」起こしてしまうことはそう不思議ではない。

新規事業開発・推進をお手伝いするコンサルタントとして我々は、それまでの社内だけでの事業構想検討が散々迷走した挙句に相談されることも少なくないのだが、よく訊いてみると論点整理をしないで議論を進めてきたことが大きな要因であることが多い。

その時点で気になる論点をモグラ叩きのように追いかけて一巡してしまい、結局はどうすれば前に進めるのか分からなくなってしまう。または、最重要な論点を置き去りにしてテクニカルな側面だけを議論し続けていたので全体的検討が大して進んでいない、等々である。

我々コンサルタントはファシリテータ役としてこうした論点整理をプロジェクトの最初および途中で何度も行い、議論が迷走したり優先順位を間違えたりしないようサポートするのが重要な役割の一つである。

そんな我々でも手こずることが時にはある。検討を進める中で既に決着した論点に関し、当初の想定だが結局却下された方式を前提に技術者サイドで技術検討と費用見積がされており(純粋な勘違いである)、気づかずにいたらとんでもない混乱に陥ってしまったかもと冷や汗をかいたこともある。

相当昔のひどい話だが、プロジェクトの途中成果が自説に固執する事務局メンバーによって勝手に一部書き換えられていたことすらある(気づいて修正したので事なきを得ているが…。最近の「豊洲盛り土問題」を彷彿させるエピソードではある)。

「意図的」なものか、そうではなく「うっかり」なのか。いずれにせよ、神ならぬ人が行う所業である。論点のズレ、そして優先度の取り違えというのはどんな組織にも無縁ではない。虚心坦懐に「本来の目的・あるべき姿は何か」を踏まえ、論点整理をしながら議論・検討を進めていただきたいものだ。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

「ハドソン川の奇跡」が示すプロ魂

週末に映画「ハドソン川の奇跡」を観た。原題はSullyという機長の名(チェスリー・サレンバーガー)だということもその時初めて知った。さすがC・イーストウッド監督、ほんの3分足らずの出来事を引き延ばしたりせずに、全く違う切り口で緊張感を持って描き切ったと称賛したい。
http://blogos.com/article/192531/

鬼気迫る機内や救助シーンが視聴者を釘付けにするのは間違いないが、そうした胸の高鳴るシーンだけで120分を持たせることできない。そう考えたイーストウッド監督と脚本家のトッド・コマーニキが焦点を当てたのはSully機長の懊悩である。

40年以上の経験に基づいたサレンバーガーの大胆かつ冷静な判断は国家運輸安全委員会から嫌疑をかけられ、サレンバーガーとスカイルズは執拗な尋問を受ける。国家運輸安全委員会による公聴会は救出劇の直後ではなく、事故からなんと18カ月後だった。

映画を観た人は既に知っているが、嫌疑は覆った。それは経験の重さや直感がコンピュータによる計算・推測を凌駕することを示してくれる。AIが様々な場面で実用化されてしまう時代が近づく今だからこそ、この事が持つ深い意味を味わいたい。

この映画を観る直前にNHKの「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」という番組で「ハドソン川の奇跡 ニューヨーク不時着 世紀の生還劇」の回を観ていた。そこではこの奇跡を可能ならしめた要因がいくつか挙げられており、そうした知識も映画をより深く楽しむのに手助けしてくれた。そもそも水上不時着がほぼ自殺行為だということもこの番組で初めて知った。
http://ameblo.jp/skyblue-junior/entry-12198460826.html

【視点1】機長チェズレイ・サレンバーガーの経験が生んだ的確な判断
サレンバーガー機長は空軍の出身。戦闘機のパイロットとして7年間、勤務した経験があった。何度も死線を乗り越える中で学んだ教訓は絶望的な状況の中でも決して悲観せず全力で立ち向かうこと。体にすり込まれた教えだった。そして着水時の機体の角度を11度に調整することだった。角度が浅すぎると機体全体に衝撃を受け、バラバラになる可能性があった。一方、角度が深すぎると後方への衝撃が強すぎて機体が折れてしまうのだ。

【視点2】船長ヴィンセント・ロンバルディの奇跡の救助判断
この日、ニューヨークの気温はマイナス6度。飛行機が刻々と沈み続ける中、1隻の船が現れた。到着したのは不時着から僅か4分後。ハドソン川の通勤フェリーの船長、ロンバルディが偶然、音もなく滑空して不時着した飛行機を目撃し、乗客を乗せたまま事故現場へと急ぎ駆けつけ、絶妙の操舵技術で波も立てずに飛行機に船体を寄せた。そしてフェリーに乗り合わせた一般の乗客たちは機体の周りにライフジャケットや浮輪を自主的に投げていた。ロンバルディ船長は周辺にいる他の船などに事態を知らせ、同様に駆けつけさせた。後は飛行機の乗客と駆けつけた船員とプロの救助員たちの懸命な助力と協力が奇跡を完成させる。

韓国で起きたセウォル号の水没事故と近い状況で起きながら、全く真逆の結果が待ち受けていた要因は、両者のキーパーソンたちが高いプロ意識を持ちそれに恥じない行動を起こしたかどうかの違いなのだ。

そう。「ハドソン川の奇跡」は類稀な機長の判断力と操舵力が最大要因ではあったが、それ以外の多くのプロフェッショナルが「すべきことをなした」お陰で起きた、素敵な現代の奇跡ストーリーなのだ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

国民的食品に隠された、ちょっとした秘密を覗く

職業上の情報というものは、秘密でなくともなかなか他の職業の人にはレアで興味深いものが多い。ましてや商品はよく知られていながら、その作り方や仕入れのこだわりなどのちょっとした秘密は、知れば知るほど「なるほど」といった反応を生むのは当然だ。

TBSの人気番組「ジョブチューン」は時折妙に気になるテーマを出してくるので、そんなときは長時間になってしまうが録画し、観てしまうが、それだけの価値はあることが多い。この10月1日の放送「国民的大ヒット食品のヒミツぶっちゃけ2時間SP」もまたそんな内容だった。
http://www.tbs.co.jp/jobtune/archives/20161001.html

「コアラのマーチ」、「キユーピーマヨネーズ」、「カントリーマアム」、「マルちゃん焼そば」
「ヤクルト」、「明治ブルガリアヨーグルト」、「ベビースターラーメン」といった人気商品の製造工場にカメラが潜入し、どんなこだわりまたは特殊な製法なのかを見せてくれた。

どれも馴染みのある人気商品だが、今回はマルちゃん焼そばとベビースターラーメンの両面系が特に面白く、今度買おうという気になった。またカントリーマアムの隠し味には唸った。この番組に出ることはとてもいい製品宣伝になると実感した。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

austintex

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR