ダボハゼ型の「機会主義」はリソースの無駄使い

オーナーがつい飛びついてしまった新規事業が貴重なリソースを食い潰して赤字を垂れ流す。世間には少なくない話だ。しかし不調な本業を中途半端に見放して青い鳥を探すというのがその動機の場合、事は重大で本末顚倒に過ぎる。


「新規事業を考えているのだけど…」という相談希望に応じて訪ねていき、すぐにコンサル契約をすることは滅多にない。経営者や事業責任者に背景事情をあれこれと尋ねた上で、どうしたいのかを併せて確認する。実際のところ、何割かのケースでは結局、「これは考え直したほうがいいですよ」と中止することを薦めることになる。

中小企業での典型例は、オーナーが知人からの儲け話、または記事やセミナーなどで「これが世のトレンド!」「間違いなく儲かる」といった情報につい乗ってしまった場合だ(大企業の場合には全く違うプロセスを経て新規事業が検討されるが、それでも調査の結果、「止めときましょう」となることが時折ある)。

大抵は、本業はそこそこ儲かってはいるが少しずつ競合が激しくなり利益が出にくくなっている事情があり、何とか他の事業での柱を確立したいという焦りが経営者に強くある。そのため隣の芝生が青く見えるのだ。

そういう中小企業オーナーや起業家の場合、同じような事情で手を出したまま開花していない新規事業が他にも2つ3つあったりする。これを小生は「ダボハゼ型経営」とか、あるいはもっと上品に「機会主義」と呼んでいる。当然、キャッシュフローと赤字を垂れ流しているし、人材や資金、経営者の時間という貴重なリソースの無駄使いだ。

中には、新規事業に人をアサインしたが、本格投資にはあまりに巨額の投資が必要と分かり、調査ステータスのままずっと継続している例さえ目にしたこともある(もちろん小生は調査打ち切りと、そこに携わっていた人材を本業立て直しに投入することを強く薦めた)。

不思議なことにニッポンの中小企業経営者には、本業がレッドオーシャン化しても全く対処しない人たちと、レッドオーシャン化したことに大慌てして他の場所を探すことに大わらわになる人たちが少なくないようだ。

レッドオーシャン化したはずの本業にも、よく考えてみると様々な切り口で(例えばセグメントを切り直す、隣接市場に展開する、新カテゴリーを創造する、競合や関連事業者と戦略提携する、等々)競争力アップの可能性はあるし、本業を再定義して立て直す(ビジネスモデルを変える等)手もあり得る。

今まで長い間成り立っていた事業であれば、顧客ニーズがあって市場が成立しているということだ。これがどんなに素敵なことか、日々新規事業に取り組む我々には身に沁みている。知識もスキルもノウハウも不足する新規事業より、ましてや世の中にまだ確立していない純粋な新規事業より、本業の立て直しのほうがよほど成功の確率は高いはずだ。

したがってまずは本業を立て直すことに全力を注ぐべきだというのが、新規事業コンサルを主に手掛ける立場ながら小生の見解だ(昔の著書『フォーカス喪失の罠』でもしつこく指摘していた)。

本業はそれなりにしっかりとしているが、そこで得た技術や知見、ネットワークを生かして別の切り口で新事業を生み出したいという前向きな話なら、ご相談はいつでも歓迎だ。
スポンサーサイト

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

ゲスト・スピーカーの人柄に触れた教育懇談会

今日は娘の大学の教育懇談会という一種の父兄会(授業を観る訳ではないので参観日ではない)。そこでのゲスト・スピーカー、日本ホテル(株)常務取締役で東京ステーションホテル総支配人の藤崎斉氏の話を興味深く聞いた。

氏は小生と同じ年に大学卒業。いわゆる就活に失敗したという。久々に「若干名募集」としたFM東京を志望し、最終8次(!)面接まで2人が残り(他の内定を蹴った後)、結局落とされた。しかし後日知ったことによると、その年の採用数はゼロだったという。ビジネス人生の最初に企業の気まぐれに引っ掻き回された格好だ。

しかし氏はそこからむしろ光り輝く。リクルート子会社に拾ってもらい、それからホテルマンとして東京ヒルトン、ウェスティン、JALホテルズを渡り歩いて出世し、遂に国家プロジェクトたる東京ステーションホテルの総支配人に就くまでになったのである。いわば「業界の顔」の一人になったわけである。

氏の主張はしたがって、「人生はマラソンではない」「人生の価値は一つじゃない」「先の見えない現代、大切なことは『変化に対応できる人材』になること」「そのためにDiversityの環境に身を置き、人間としての教養を高めよ」ということだったと思う。リクルート出身らしく映像を多用して楽しいプレゼンだった。特にCommunication robot のJiboが可愛かった。
http://www.homecrux.com/2015/12/12/39513/jibo-worlds-first-family-robot-looks-after-you-and-your-family.html

氏の講演の最後は、まだ就職が決まっていない学生や、うまくいかない学生への同情と共感が詰まっていた。成功者でありながら驕慢さはつゆほどもなく、自身の蹉跌を思い起こしてごく自然に他社への共感が湧き出る、素晴らしい人柄を感じられた。この大学の良さの典型例なのかも知れない。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

アニメ業界はブラック産業のまま

ずっと前だが、知人がアニメ制作会社を子会社に持つ企業のコンサルをする際に相談され、その実態を聞いたことがある。その時はあまりの低い賃金と生産性に呆れたのだが、結局は深くタッチしなかった。ところが最近、その実態がほとんど変わっていないことを知らされ、暗澹たる気分になってしまった。

それが「クローズアップ現代プラス」で6月7日(水)に放送された「2兆円↑アニメ産業 加速する“ブラック労働”」の主旨だった。
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3987/

映画などの相次ぐヒットで活況を呈しながら、肝心のクリエータ達は貧困と長時間労働に喘いでいるなんて、この業界の人間は阿呆ばかりで、その顧客であるテレビ・映画産業の連中というのは人でなしの集まりなのだろうか。まともな製作費を払わなければ、この業界全体が崩壊するというのに、おバカなんだろうか。

どの業界でも下請けは不利な立場に追いやられがちだが、この業界は極端だ。単なる下請けから脱し、アニメ制作会社も出資して製作員会に参加すべきだと、なぜ経営者らしきことをしないのか、歯がゆい。そして介護や保育以上に“やる気の搾取”(東レ経営研究所・渥美由喜さんのこのネーミングはうまい)が徹底的に行われて構図を知ると、アニメ制作会社が業界団体を作って共同戦線を張ること、そしてアニメータ自身が退社(または自ら契約解除)してブラックな経営者を業界から排除することを真剣に追及すべきだと思う。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

テキサス大学校友会の集まりに出席して

本日、テキサス大学の校友会の集まりに出席した。少々仕事が押しているので、朝少し仕事をやってからぎりぎりに出たが、乗り換えの関係で少しだけ遅れてしまった。

その出席メンバーたるや、もの凄いご高齢の方が少なくなかった。小生のように50代なんてのは若手に分類されてしまうくらい。70代が主流で、その前後が数名ずつといった感じだった。フルブライト奨学生だった方々が何人もいたのだから恐れ入る。その分、少々話が長い方も数名いらっしゃったが、そこはご愛敬。

出席者には建築土木関係が数名、石油や化学関係が若干、医学関係も若干と、なかなかバラエティに富んでいた。LBJの奥さんが理事会メンバーとか、ティラーソン現国務長官がUT出身だという話も聞き、なるほどテキサスだと納得。

若い時に留学して視点が広くなったり人脈が豊かになったりといった話には共感した。逆に、今の若い人たちにそうした機会は十分与えられているのだろうか。また、日本は豊かになり留学のハードルは下がったはずだが、その分の覚悟が問われないことで、却って人生の大きな転機にならないケースもあるかも知れない。それは実にもったいない話だと考えさせられた。

幹事の大野先生はパソコンもスマホも信用せず使わないそうだ。この集いは大野先生のご尽力でずっと続いており、出席者一同が感謝している。来年もできる限り出たいものだ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

セミナー&展示イベントに参加して

親しい某企業の主催するセミナー&展示イベントに出席した。こういうものに参加したのは10年ぶりくらいかも知れず(話すならともかく、聴くのはあまり得意ではない)、しかも幾つも連続して拝聴したので、最後のほうはさすがに疲れてしまった。

小規模な部屋でのセッションはプレゼンテータの表情もよく分かり、しかも内容的にも身近なものだったので、最後まで興味深く聴くことができた。

しかし大会場での特別講演なるパネルディスカッションは、内容があれこれ飛んだことと、少々アカデミックだったこともあって、最後は少々あきてしまった。人口知能というテーマは興味深かったのだが…。

それにしてもANAホテルは狭く感じただけでなく、そろそろ設備的にガタがきているかも知れない。特に大会場での空調が強烈過ぎて、まるで発展途上国並みの冷房の効かせ方だったため、不快だった。休憩スペースもまったく足らない。主催企業はせっかくカネを掛けているのに、これでは客にくつろいでもらいながら考えてもらう狙いも今ひとつ達成できかねると思えた。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

austintex

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR