ビッグデータ解析をAIと呼ぶことがもたらしたNHK番組の炎上

何やかやとAI絡みの話が続いている昨年から今年にかけてのプロジェクトだったが、ここでようやく途切れた(単にAIが「解」にならないだけかも知れないが)ので、少し客観的にAIの応用と限界を考える時間をいただいたと思える。

そんな中、少し前に放送されたNHKスペシャルの「AIに聞いてみた」が、ネットで大きな話題になり、かつ炎上していることを知った。この番組はNHKが独自に開発したAIに過去の統計データを分析させ、AIを通じてさまざまな社会問題の背景を炙り出すという番組だった。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586960/index.html
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170722

番組自体は面白く拝聴したが、むしろそれが炎上した事実に興味を覚えた。とはいえ、それは今のAIに過大な期待を抱いている人たちや、限界を知っていながらわざと煽っている人たちが多過ぎることの裏返しではないだろうか。要は、AIは「人口知能」ではあるが、「知性」ではないということだ。例えば次のコラムなどはその点を大上段に指摘しNHKを批判しているが、今更の感は強い。
http://toyokeizai.net/articles/-/182300

また、「当初より結論を予想してAIの答えを引き出しているだけではないか。報道したいテーマが先に存在し、それに対してAI……という名のデータベースを駆使して、それらしいデータの相関関係を見つけようとしたのではないか?」と批判しているが、むしろ実際はクリアな相関関係が見つからないことが多く、解説する人たちが戸惑っていたのが面白かった。

多分、ミッシングリンクがそれぞれにあるのだろう。正直、「これ統計学の処理を曖昧にして、あたかも原因→結果のように見せて、わざと視聴者が混乱するように使っている」と感じたのも事実だ。これがNHKネット炎上の要因だろう。

むしろNHKはエンターテインメントとしてAIを採り上げて、統計的に面白い組み合わせを見つけるツールとしてAI(もどき)を自分たちで作ったのだろう。ここでNHKが開発したのはビッグデータ解析ツールに過ぎず、確かにこれをAIと呼ぶことを詐欺的と非難するのは言い過ぎではないかも知れない。でもマスメディアのやることですから、こんなもんですよ。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

城北信用金庫の地元密着の取り組みに感心する

住みたい街ランキングで急上昇(最近の評価では4位らしい)の街、赤羽が注目されている。昔だったら吉祥寺や下北沢だったのが、今や目黒、池袋、武蔵小杉、赤羽だという。都心への交通アクセスのよさと街の賑わい、(それに反しての)家賃の安さが魅力なのだろう。

その街の賑わいに貢献しているのが地元商店街を活性化支援する地元の信用金庫で、赤羽の場合には城北信用金庫だ。その活動を採り上げたのが、8/3に放映されたカンブリア宮殿「庶民と中小企業の強い味方!下町信用金庫の街ごと活性化術」だ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/0803/

東京北区・荒川区にある企業の約9割と取引しており、赤羽に本店・本社があるお店・中小企業の8割と取引があるというから凄い(地方だったらあり得るが、こんな都心でこの集中度は驚異的だ)。その支援・融資により伸びている企業事例も幾つか、そして地元の祭りへの支援振りやアスリーツ採用などユニークなやり方も紹介されていた。

とりわけ面白いと思ったのが、城北信用金庫が力を入れる“非金融サービス”だ。「NACORD(ナコード)」という(企業と消費者を結ぶ)紹介サイトを立ち上げ、城北信金のトップページからアクセスできるようにしており、企業の商品やサービスの魅力を伝えている。
http://www.nacord.com/

凄いのは、そのNACORDのページ制作(ライター、カメラマン含む)は、城北信金の職員(美大出身者など専門家の正社員)が行っていることだ(他の信金・地銀の場合、業者紹介までだ)。ホームページのクオリティは高い。しかも掲載料無料。NACORDに商品を掲載することで、中小企業の業績が上がれば、将来的に金融サービスにも繋がると考えてのこと。

さらに、金融機関としては全国初となるクラウドファンディングも、「Makuake」を運営するサイバーエージェント・クラウドファンディングと組んで、立ち上げた。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/053000045/040500010/

NACORDに掲載される一部の内容は同時に「Makuake」にも掲載される。これにより地元民だけでなく、広く全国から投資家および商品に対する先行予約を集めることができる。その商品・サービスへの需要目利きをクラウドファンディングが行うことができるのだ。
https://www.makuake.com/

こうしたクラウドファンディングの活用、地元企業の商品・サービス紹介は、弊社も関東のある都市に根差す信用金庫に提案したことが昔あるが、経営企画部門が時期尚早として流れてしまったことがある。やはり先駆的な信金では取り組んでいたのだ。城北信用金庫の理事長、大前孝太郎(おおまえ こうたろう)氏の先見性とリーダーシップ、そして実現の馬力に敬意を表したい。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

知恵が可能にする「6次産業化」

地方の活性化に絡む仕事が最近幾つか続いているためもあり、小生は1次産業の「6次産業化」というものには強い関心を持っている。知人にもその関係で頑張っている人が何人もいる。そんな折り、テレ東の「カンブリア宮殿」で2人の若き「6次産業化コ-ディネータ」とでもいうべき人が紹介されていた。7月13日放送の『感動があって稼げる!農漁業の若き開拓者たち』だ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/0713/

山口県・萩市で巻き網漁業を営む「萩大島船団丸」(漁師20人)の代表、坪内知佳氏(31)。CAの夢破れて結婚を機に萩に移住、離婚後シングルマザーとしてコンサルタントになり、客に引っ張り込まれてこの事業に入ったという。漁業は未経験という異業種の参入者。しかし持ち前の行動力で全国でも珍しい漁師の直販ビジネスに成功(対料理店、対消費者とも)。“水産維新”を掲げて売り上げを大きく伸ばしていることが紹介されていた。

神奈川県・藤沢市の養豚業、宮治勇輔氏(39)は、慶應義塾大学卒業後、父の家業を受け継いだ。当初は “名もなき農家”だったが、父親が作る美味しい豚肉をブランディングした「みやじ豚」をスタート。常識破りの手法で直販を実現し、今やスーパーでも指名買いされ、年商を7倍にまで引き上げたという。

両者とも新しい発想を携えて、従来方式に固執する周りを巻き込みながら変えていったこと、そして漁協や農協といった既存流通側と単純に敵対するのではなく、うまく共存共栄を図っている。それもさることながらやはり直販により大きく収益とも伸ばしていることがすごい。工夫次第で6次産業化が可能なことを教えてくれる。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

ダボハゼ型の「機会主義」はリソースの無駄使い

オーナーがつい飛びついてしまった新規事業が貴重なリソースを食い潰して赤字を垂れ流す。世間には少なくない話だ。しかし不調な本業を中途半端に見放して青い鳥を探すというのがその動機の場合、事は重大で本末顚倒に過ぎる。


「新規事業を考えているのだけど…」という相談希望に応じて訪ねていき、すぐにコンサル契約をすることは滅多にない。経営者や事業責任者に背景事情をあれこれと尋ねた上で、どうしたいのかを併せて確認する。実際のところ、何割かのケースでは結局、「これは考え直したほうがいいですよ」と中止することを薦めることになる。

中小企業での典型例は、オーナーが知人からの儲け話、または記事やセミナーなどで「これが世のトレンド!」「間違いなく儲かる」といった情報につい乗ってしまった場合だ(大企業の場合には全く違うプロセスを経て新規事業が検討されるが、それでも調査の結果、「止めときましょう」となることが時折ある)。

大抵は、本業はそこそこ儲かってはいるが少しずつ競合が激しくなり利益が出にくくなっている事情があり、何とか他の事業での柱を確立したいという焦りが経営者に強くある。そのため隣の芝生が青く見えるのだ。

そういう中小企業オーナーや起業家の場合、同じような事情で手を出したまま開花していない新規事業が他にも2つ3つあったりする。これを小生は「ダボハゼ型経営」とか、あるいはもっと上品に「機会主義」と呼んでいる。当然、キャッシュフローと赤字を垂れ流しているし、人材や資金、経営者の時間という貴重なリソースの無駄使いだ。

中には、新規事業に人をアサインしたが、本格投資にはあまりに巨額の投資が必要と分かり、調査ステータスのままずっと継続している例さえ目にしたこともある(もちろん小生は調査打ち切りと、そこに携わっていた人材を本業立て直しに投入することを強く薦めた)。

不思議なことにニッポンの中小企業経営者には、本業がレッドオーシャン化しても全く対処しない人たちと、レッドオーシャン化したことに大慌てして他の場所を探すことに大わらわになる人たちが少なくないようだ。

レッドオーシャン化したはずの本業にも、よく考えてみると様々な切り口で(例えばセグメントを切り直す、隣接市場に展開する、新カテゴリーを創造する、競合や関連事業者と戦略提携する、等々)競争力アップの可能性はあるし、本業を再定義して立て直す(ビジネスモデルを変える等)手もあり得る。

今まで長い間成り立っていた事業であれば、顧客ニーズがあって市場が成立しているということだ。これがどんなに素敵なことか、日々新規事業に取り組む我々には身に沁みている。知識もスキルもノウハウも不足する新規事業より、ましてや世の中にまだ確立していない純粋な新規事業より、本業の立て直しのほうがよほど成功の確率は高いはずだ。

したがってまずは本業を立て直すことに全力を注ぐべきだというのが、新規事業コンサルを主に手掛ける立場ながら小生の見解だ(昔の著書『フォーカス喪失の罠』でもしつこく指摘していた)。

本業はそれなりにしっかりとしているが、そこで得た技術や知見、ネットワークを生かして別の切り口で新事業を生み出したいという前向きな話なら、ご相談はいつでも歓迎だ。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

アニメ業界はブラック産業のまま

ずっと前だが、知人がアニメ制作会社を子会社に持つ企業のコンサルをする際に相談され、その実態を聞いたことがある。その時はあまりの低い賃金と生産性に呆れたのだが、結局は深くタッチしなかった。ところが最近、その実態がほとんど変わっていないことを知らされ、暗澹たる気分になってしまった。

それが「クローズアップ現代プラス」で6月7日(水)に放送された「2兆円↑アニメ産業 加速する“ブラック労働”」の主旨だった。
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3987/

映画などの相次ぐヒットで活況を呈しながら、肝心のクリエータ達は貧困と長時間労働に喘いでいるなんて、この業界の人間は阿呆ばかりで、その顧客であるテレビ・映画産業の連中というのは人でなしの集まりなのだろうか。まともな製作費を払わなければ、この業界全体が崩壊するというのに、おバカなんだろうか。

どの業界でも下請けは不利な立場に追いやられがちだが、この業界は極端だ。単なる下請けから脱し、アニメ制作会社も出資して製作員会に参加すべきだと、なぜ経営者らしきことをしないのか、歯がゆい。そして介護や保育以上に“やる気の搾取”(東レ経営研究所・渥美由喜さんのこのネーミングはうまい)が徹底的に行われて構図を知ると、アニメ制作会社が業界団体を作って共同戦線を張ること、そしてアニメータ自身が退社(または自ら契約解除)してブラックな経営者を業界から排除することを真剣に追及すべきだと思う。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

austintex

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR