地域に根差す企業こそ持続的に発展できる

地域に根差す企業こそ持続的に発展できる。そう信じさせてくれる例を最近幾つも観る機会があった。テレビ番組にもそうした例が出ていた。その一つが人気番組「カンブリア宮殿」の10月5日 放送、「行列のできる地方銘菓スペシャル①地元愛と親子の絆が生んだ感動の菓子メーカー」(ホリ ホールディングス社長堀 昭(ほり あきら)氏をフィーチャ)だった。

全国各地の百貨店で開かれる物産展で必ず大行列を生み出す菓子メーカー・ホリのことは最近知った。熱烈なファンを生んだのは、魚介の旨みが染み込んだ「北海道開拓おかき」(これが一番有名か)や濃厚なシュークリームなどに代表される、北海道の素材の味を存分に生かしたお菓子。おかきに使うのは、えりも町の昆布に、増毛町の甘エビ、枝幸町のホタテなど、道内を探し歩いて発掘した、おかきの食感や風味を最高に引き立てる素材ばかり。牛乳や米はもちろん、リンゴだって可能な限り北海道産。

ホリは人口1万7000人の田舎町・砂川市に根差し、北海道に9店舗構えるだけなのに年商100億円にまで成長を続けてきた。その裏には、徹底的に北海道産の原料にこだわり抜くこうした戦略があったことがよく分かった。

苦労して炭鉱夫に手作り菓子を売っていた堀氏の父は、「息子たちに辛い思いをさせたくない」と、堀氏を薬科大学に行かせ、大手薬品メーカーに就職させた。しかし地元の炭坑が相次ぎ閉鎖し父の会社が経営難に陥るや、堀氏は会社を辞め、兄と共に家業を継ぐ。そして親子で北海道中をトラックで回り、懸命にお菓子を売り歩いた。商売が行き詰まる逆境の中で、堀一家が目を付けたのは、売れ始めていた夕張メロン。兄は農家へ仕入れ交渉に通い、父が試作、堀氏が生産設備設計。親子3人で必死に商品開発を続け、メロンの果肉をそのまま生かした「夕張メロンピュアゼリー」を完成、成功させたのだ。

ホリは菓子で稼いだ資金を、ビジネスで支えてくれた地元・北海道に様々な形で還元している。夕張市で減少するメロン農家を支援。砂川市では、発売したお菓子がヒットするたびに砂川市内に工場を建設し、地元の雇用も創出。さらに高齢者でも長く働けるようにと、重労働のロボット化も進めている。とても従業員を大切にしていることが伝わってきた。そして地元愛も。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

体力を失うのも無理するのも、迷惑老人になるのも嫌だ

春先にぎっくり腰を起こして以来、数か月に亘って休んでいたフィットネスジムに再び通い始めて数週間。再開当初はすべてのトレーニングマシーンで目盛りを一つ落としていたのが、ようやく半分程度の器具で元の数値に戻しつつある。

やはり歳を食うと回復が遅くなるというのは厳然たる事実だ。以前も風邪を引いて1週間ほど休むと、最初の復帰の際には目盛りを一つ落としたり3サイクルのところを2サイクルで切り上げたりしていた。今回はそれらをすべて組み合わせるほど一旦落ちた上に、ちょっとペースを上げた途端に(一晩明けると)背中から首筋にかけて痛みが走るなど、なかなか回復ペースが上がらないもどかしさがある。

しかも最近は、去年終わりに買ったイアホンが耳に合わず(耳の穴に指す部分が無闇にデカイ。Auショッピングなんかで衝動買いした愚かさを反省している)、耳の穴を傷つけていたところに水泳でバイキンが入ったせいで、外耳炎か中耳炎になり掛かってしまった。お陰でこの暑いさなかに水泳禁止の羽目になってしまった。したがってレーニングマシーン以外に、持久力を維持するにはトレッドミルまたはクロストレーナーで走るしか方法がなくなってしまった。この2つはちょっと退屈だ。

そんなこんなで年齢を意識させられることも増えたが、器具の数値的にはまだ40代を維持できているのには変わりない。ただしスタミナと回復力はもう誤魔化せない。これからは無理せず、いかに現状のレベルを長続きさせられるかがポイントだと、気持ちを切り替えつつある。

その一方で、フィットネスジムで気になるのは、高齢者男性のマナーの悪さである。ウォーミングアップまたはクールダウン・ストレッチ用のマットコーナーでずっと運動している。使用後に自分の汗を拭かない(若いアジア外国人系も同様かも知れない)。スパの洗い場でシャワーの温水を後方に飛ばして人に掛ける。脱衣所のど真ん中で立ち塞がっている。等々、周りの迷惑に気づかないのだ。

同じ器具をずっと独占したりしがちなど、若者も褒められたものじゃないが、注意すれば反省するのでまぁ救いがある。お年寄りだと注意しにくいし(耳が聞こえないケースもありそう)、キレられても困る(昨今はキレる老人が増えているらしい)。こんな迷惑な高齢者にはなりたくないと思う。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

スマホを紛失して

ごく最近、スマホを紛失した。客先を出た直後に歩道脇にあるベンチで、スマホのテザリング機能を使ってタブレットPCからメールを送った。その際、うっかりスマホを置き忘れ(かなり周辺は手暗がり)、1~2分ほど駅方向に進んだところで気づき戻ったが、もうスマホはなくなっていた。

目の前のコンビニ2軒に問い合わせたが届け出はなく、仕方なく最寄りの交番にて遺失物届を書かされた(今は遺失物の多くが携帯・スマホらしく、届出書のスペースの大半がそれ用で占めている)。

この時点ですぐに出てくる可能性は低いと考えたのだが、「でも指紋認証と6桁パスワードだから勝手に使われる可能性は小さい。心配があるとすると売り払われる可能性か。しかし夜だからそうした店も開いていないはず。とりあえず家に帰ろう」と妙に達観していた(蒸し暑かったせいかも)。

自宅に戻ってから家族のスマホで自分のスマホの位置を探すと、紛失場所から駅と反対方向に少し離れたビルの入り口辺りで静止したまま。不思議だったが、きっとGPSの精度の問題で、実際には守衛室とかがあるのだろうと考えていた。

翌日、仕事の合間に件のビルの守衛室を訪れると、全く位置が違う。それでもスマホが届けられていて、ほっとした。事情を聴くと、「今朝、見つけた弊社社員が届けてきました」とのこと。どうやら我がスマホは一晩中、当該ビルの玄関辺りに置き去りにされていたようだ。

皆さんへの教訓。スマホを失くしたら、まずは家族か友人の協力を得て(公衆電話を探すのがひと苦労)当該スマホの位置を確かめ(電話で訊き出すのは大変ですが)、すぐそこに行こう!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

セミナー&展示イベントに参加して

親しい某企業の主催するセミナー&展示イベントに出席した。こういうものに参加したのは10年ぶりくらいかも知れず(話すならともかく、聴くのはあまり得意ではない)、しかも幾つも連続して拝聴したので、最後のほうはさすがに疲れてしまった。

小規模な部屋でのセッションはプレゼンテータの表情もよく分かり、しかも内容的にも身近なものだったので、最後まで興味深く聴くことができた。

しかし大会場での特別講演なるパネルディスカッションは、内容があれこれ飛んだことと、少々アカデミックだったこともあって、最後は少々あきてしまった。人口知能というテーマは興味深かったのだが…。

それにしてもANAホテルは狭く感じただけでなく、そろそろ設備的にガタがきているかも知れない。特に大会場での空調が強烈過ぎて、まるで発展途上国並みの冷房の効かせ方だったため、不快だった。休憩スペースもまったく足らない。主催企業はせっかくカネを掛けているのに、これでは客にくつろいでもらいながら考えてもらう狙いも今ひとつ達成できかねると思えた。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

個人の時間管理術を会社の課題管理に適用してはいけない

「重要性」と「緊急性」のマトリクスで課題取り組みの優先度を決めるというのは基本中の基本である。ところがここにも落とし穴がある。個人のタスク管理と会社の課題管理を混同すると間違った結論に行きついてしまうのだ。


「重要性」と「緊急性」のマトリクスで優先度を決めるという方法をネットで検索すると、多くの場合、図1のようなものと共に、ゾーンABCDの順で優先せよという話が紹介されている。これはスティーブン・R・コヴィー著のベストセラー「7つの習慣」に代表される多くの時間管理術の解説本やセミナーで紹介されているためであろう。

個人のタスクの優先度を決める場合には単純なので、この考えで構わない。何が単純かというと、仕事を「重要」「重要でない」のいずれかに、そして「緊急」「緊急でない」のいずれかに分類することが概ね可能だということだ。そして、さっさと判断してタスクに取り掛かるのにはこれくらい単純化するのが妥当だ。

ところが会社の経営課題など多様で複雑なテーマを扱うケースでこの「4象限」アプローチを適用するとおかしな結果を導く。なまじ経営者や経営企画部門にいる人たちは時間管理術の本をよく読んでいそうなので、「優先度の決定」といえばこういうものかと思い込んでしまいかねないので要注意だ。

会社(もしくは事業部門)の経営課題を抽出して、その中から優先度の高いものを絞る場面を想定して欲しい。明らかに重要度の低い課題はそもそも早い段階で除外されるだろう。すると残っているのはある程度重要な課題ばかりである。

その中で相対的重要度を評価するのだから、デジタル的に「重要だ」「重要でない」のどちらかに綺麗に収まることにはならない。必ず微妙なものが幾つも出てくるし、それぞれ比較して初めて「こちらのほうが重要かな」と決まるのが普通だ。緊急度も同じだ。

マトリクス図上にプロットすると、かなりバラけてしまうだろう(図2)。4つの象限のそれぞれ中心部分に固まるなどという奇跡はまず起きない。ここで仮に、時間管理術の発想から「4象限」アプローチでゾーンABCD順に優先度を決めたらどうなるだろう。違和感を覚える結果になってしまうことがお分かりいただけるだろうか(例えば課題Bと課題Cを比べたとき、優先順位が逆転してしまう)。

結局、図3のような斜め線を引いて、アナログ的に「線引き」するのが一番納得感を得られるのだ。個人の時間管理術の場合と比べて面倒なことは間違いないが、会社(もしくは事業部門)の経営課題を検討する場合には、これくらい手間を掛けてもバチは当たらない。

ちなみにこの斜め線の角度だが、経営課題など長期的観点を要する場合には45度ではなく、(重要度に重きを置くように)調整すると違和感を拭うのに有効だといった点は(少々テクニカルだが)覚えておいて損はない。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

austintex

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR