AIの活用のボトルネックと鍵

AIに関するコンサルタントの勉強会に参加した。コンサルタントといっても様々、小生のような新規事業開発支援を中心とする戦略コンサルなんてのはごく少数で、多くはITコンサルやシステム開発者、財務相談を得意とする税理士、労務士など。しかも大半は独立フリーランスだそうだ。

テーマは今注目のAI。IBMのワトソンのエバンジェリストの方が現状や傾向などを解説してくれるというので、それに興味を持っている人が集まった格好だ。

最初はごく普通のAIの基本情報。2次ブームでのAIの正体はexpert systemで、開発者がすべてあらかじめプロフラムする必要があったが、第3次の今回は何が違うかというと、AIが自己学習することだ。ディープラーニングに代表される機械学習能力が発達したので、とにかくたくさんのデータを読み込めば、何等かの相関性や法則性を機械的に学習してくれる。それでパターンをあらかじめプログラミングする必要がなくなったというのが大きな違いだ。

最後に幾つかアカデミックな質問の後に小生が質問した。「今、たくさんの『AIを使ってこんなことができないか』というリクエストのうち『これはまだできない』『AIには不得意』という領域は何ですか?」と。「データ取得や読み込みに人手や多大なコストが掛かるのがボトルネックになるケースがよくあることは理解しています」と付言した上で。

エバンジェリストの方も少々困惑したようだ。「使い方のビジネスモデルをよく考えていない場合は困りますね」などと少々見当違いのコメントもあったが、結局はやはりデータ不足やデータ入力が難しいケースが典型的に向いていないことに直結しそうだという結論になった。やはりこのあたりの設計が鍵になるのだろうと納得した。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

ムダ金の使い方

少々前のことなのでお話ししてもよいだろう。

知り合いの有名コンサルタントから愚痴をこぼされた。某社の社長からコンサル仕事をようやくいただいたのはいいけど、プロジェクトにアサインされたメンバー連中(一応、部門長が多い)から『我々は忙しいので、ちゃちゃっとレポートを書き上げてください』と頼まれちゃった、と。

アプローチに関し簡単なアドバイスもしていた小生は「どういうこと?プロジェクトメンバーと色々議論したりしないの?」「そんなやり方、俺はやったことないし、まともなプロジェクトにならないよ」と当然ながら突っ込んだ。

彼は「僕だってない。でも既に社長から頼まれているし、一方でスタッフからは協力しないと言われた訳だし、仕方ないかな…」と思案顔だった。小生は「俺だったら、いくらクライアントでもそんなスタッフはどやしつけるし、態度が変わらないのなら社長にお願いして総入れ替えしてもらうよ」と言い、励ましたつもりだった。

後日、彼からは無事終了したとの報告があった。コンサル会社のスタッフを使って一応の調査は行い、あとは懸命に考えて立派なレポートを仕上げたそうだ。その報告会では社長も満足され、あとでプロジェクトメンバーからは感謝されたそうだ。

でもきっと、そのレポートは関係者の書類フォルダに仕舞われて顧みられることはないだろう。当然、実行に移されることもない。社長依頼のプロジェクトなので決して安い金額ではない。あぁ勿体ない。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

ハリケーン「ハービー」がもたらすもの

先週の米国でのニュースはハリケーン「ハービー」が圧倒していた。この大型ハリケーンは数日間にわたってメキシコ湾上空に停滞し、2005年のハリケーン「カトリーナ」による降雨量の倍以上(約57兆リットル)の雨を降らせ、ヒューストンを中心とする地域に大洪水をもたらし、停電と通信途絶による混乱と孤立を巻き起こしている。

テキサス州の避難者は3万2000人を超えたと伝えられている。小生は大学院をテキサス大学(オースティン校ですが)で過ごしたので、とても他人事に思えず心配だ。ヒューストン一帯は一大産業地なので、その影響を考えると被害額は「カトリーナ」時を超えることはほぼ確実だ。

皮肉なことに、幹部の更迭や辞職が相次いで混乱のさなかにあったトランプ政権は批判の矛先を逸らすことができそうだし、却ってこの国難により一体感を求める動きの中で立て直しできるかも知れない。ちょうど9.11同時多発テロ事件後のブッシュ(子)政権が支持率を高めたように。でもこんな天災を政治の道具にして欲しくはない。

唯一の救いは、被災者への支援の輪が全米そして世界に広がっていることだ。最近とみに深刻化している米国社会の「分断」傾向が、この支援の輪で押し止められることを望む。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

よく分からない現地語Tシャツを着るリスク

外国語のTシャツを恰好いいと考えて着る若い人は少なくないようだ。しかし自分がよく理解できない現地語で書いてあるTシャツを嬉々として公衆の面前に晒すことには思わぬリスクが伴うことは理解しておいたほうがよい。


訪日外国人の姿が目立つようになったこの頃。東京およびその他の観光地で、妙な日本語がプリントされたTシャツを着ている若い外国人旅行者らしき人たちを目にすることがある。

きっと外国出身の人が外国人旅行者向けにプリントしたもので、買う人も「これ日本語で、クール」とか考えたのだろう。一種の愛敬すら感じる、微笑ましい光景かも知れない。

しかしそれはあくまで、言葉の分からない外国人にとっても概ね安全な日本での話だ。海外ではちょっと事情が違う。

例えばあなたが旅行する異国の大都会で、現地言語で書かれたTシャツを買ったとしよう。そこに書かれているのが支離滅裂な文章だったり、またはとんでもない非常識な台詞だったりしたらどうだろう。しかもあなたはそのことを知らない。

現地の人の大半は「この外国人旅行者は意味も分からずにこんなバカなTシャツを買ってしまったんだな」と内心少し憐れむだけだろう。もしかすると(可能性は限りなく低いが)奇特な地元民が親切にも「困っていませんか?」と声を掛けてくれるかも知れない。

しかし外国人旅行者を騙して小遣い稼ぎやいたずらをしようと考えている不届き者は、日本人が想像する以上に海外の大都市には多い。そうした輩にとっては、「私はこの国の言葉を理解できません」と公言しているようなTシャツを着ている外国人旅行者は絶好のターゲットなのだ。

しかも話しかけてみると、カタコトの英語ながら日本人だという。もう相手にとっては「鴨が葱を背負って」目の前でダンスしているようなものだ。心の中で舌なめずりしながら、「ボク、日本人大好き。案内させてクダサーイ」とちょっと高いトーンであなたたち旅行者に持ち掛けてくるだろう…。

こんな余計なリスクを背負い込みたくなかったら、よく分からない言語でプリントされたTシャツを買い込んですぐに現地で着るのは避けたほうが賢明だ。もちろん日本で買っても(なぜか不自由な英語のTシャツは日本でもよく売っている)、リスクは同じなのでダメですよ!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ビッグデータ解析をAIと呼ぶことがもたらしたNHK番組の炎上

何やかやとAI絡みの話が続いている昨年から今年にかけてのプロジェクトだったが、ここでようやく途切れた(単にAIが「解」にならないだけかも知れないが)ので、少し客観的にAIの応用と限界を考える時間をいただいたと思える。

そんな中、少し前に放送されたNHKスペシャルの「AIに聞いてみた」が、ネットで大きな話題になり、かつ炎上していることを知った。この番組はNHKが独自に開発したAIに過去の統計データを分析させ、AIを通じてさまざまな社会問題の背景を炙り出すという番組だった。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586960/index.html
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170722

番組自体は面白く拝聴したが、むしろそれが炎上した事実に興味を覚えた。とはいえ、それは今のAIに過大な期待を抱いている人たちや、限界を知っていながらわざと煽っている人たちが多過ぎることの裏返しではないだろうか。要は、AIは「人口知能」ではあるが、「知性」ではないということだ。例えば次のコラムなどはその点を大上段に指摘しNHKを批判しているが、今更の感は強い。
http://toyokeizai.net/articles/-/182300

また、「当初より結論を予想してAIの答えを引き出しているだけではないか。報道したいテーマが先に存在し、それに対してAI……という名のデータベースを駆使して、それらしいデータの相関関係を見つけようとしたのではないか?」と批判しているが、むしろ実際はクリアな相関関係が見つからないことが多く、解説する人たちが戸惑っていたのが面白かった。

多分、ミッシングリンクがそれぞれにあるのだろう。正直、「これ統計学の処理を曖昧にして、あたかも原因→結果のように見せて、わざと視聴者が混乱するように使っている」と感じたのも事実だ。これがNHKネット炎上の要因だろう。

むしろNHKはエンターテインメントとしてAIを採り上げて、統計的に面白い組み合わせを見つけるツールとしてAI(もどき)を自分たちで作ったのだろう。ここでNHKが開発したのはビッグデータ解析ツールに過ぎず、確かにこれをAIと呼ぶことを詐欺的と非難するのは言い過ぎではないかも知れない。でもマスメディアのやることですから、こんなもんですよ。

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

austintex

Author:austintex
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR